TOP シニア世代のキャリア、転職、その現実 社員を成長させるために「人事制度のダイエットを」。(2/5)

2018/06/26

1/1ページ

シニア世代のキャリア、転職、その現実

第2回

社員を成長させるために「人事制度のダイエットを」。(2/5)

  • キャリア
  • スペシャル対談
  • 人事・戦略コンサルタント HRストラテジー代表 松本 利明
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら >

 

 

「経営者を語る。」――今回は、人事・戦略コンサルタントの松本利明氏(HRストラテジー代表)をゲストにお迎えします。

今回の対談では、「今、シニア世代の雇用とキャリアに何が起きているのか?」、「オリジナリティある強いスキルのつくり方」、「実は違った人事の定説」などをテーマに、経営者JP代表・井上和幸と語り合っていただきました。全5回でお届けします。

 

 

井上 前回は、若手ならいざ知らず、40代・50代の人で、それなりのポジションを経てきている人たちでも、自分の仕事のテーマや展望について何も考えずに来てしまっている人が多いことや、転職の際の「面接」を勘違いしていて、自分の提供できる価値を明確に示せない人が多い――という話でした。

 

松本 アラフィフからでも成功する人の特徴は、転職しなくても、社外の人たちとMBAを取りに行ったり、異業種の中の優秀な方々が集まる所で勉強会をやったり、視察に行ったり、プロジェクトをやったりと、社外で実力を測る機会をつくっていることです。そういう場に行き、他人と比べることで、自分自身の価値が客観的にわかりますから、そこで実力をちゃんと磨いているんですね。一方50歳で困る人は、内部しか知らないんです。実際、辞めてから取引先などに行ってみると、1回は会ってくれるけれど2回目から会ってくれなくなったり。そんなことが続くと、一気に自分自身の人格否定をするくらいまで落ち込んでしまう人もいます。

 

井上 構造的に言えば、新規事業に関わったことがあるとか、何か大きなギアチェンジをしなければいけないところに関わり、そこにやりがいを感じてきた人などは、4、50代になってからも違いますよね。

松本 リーダーの種類というのは一種類ではなく、ざっと挙げると五つあります。一つ目は「既存の事業を太くするのが得意なリーダー」。二つ目は、「海外に既存事業を持っていくのが平気なリーダー」。インドに行ってガンジス川で泳いだり、現地で水を飲んでも平気だったり、どこでも寝られるとか、誰とでもすぐに仲良くなれるとか、その代わりあまり考えずに上手く調整しながら突っ走れる人などですね。三つ目は、「新しいビジネスなどを考えられるリーダー」。でも、大きくすることはできなかったりするんですが……。四つ目は、「策士的な動きができるリーダー」。経営企画みたいに、企画を考えて動かしていく人です。五つ目は、大きな会社だったら「グローバルで全体最適化できるリーダー」です。
これらのうち、ダメなリーダーはたいてい、「既存のビジネスを太くするとこ...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 松本 利明

    人事・戦略コンサルタント HRストラテジー代表

    外資系大手コンサルティング会社であるPwC,マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラをおこない、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウをクライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術への落とし込み提供。24年間で外資系、日系の世界的大企業から中堅企業まで600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピートで昇進する。現在は、企業向けコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方、活かし方」をビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。