TOP とことん観察マーケティング 大物ハードロックバンドをKアリーナで観てきました

2023/12/21

1/1ページ

とことん観察マーケティング

第97回

大物ハードロックバンドをKアリーナで観てきました

  • マーケティング

野林徳行です。「KEIEISHA TERRACE」にてマーケティングコラムの連載をさせていただいております。

 

多くの企業では、『カスタマーを知る』ことが大事と言いながら、足元の数字を優先してしまいがちです。足元はもちろん大事ですが、カスタマーを知ることで既存事業のPDCAは回りやすくなり、新規事業の立ち上がりは早くなります。または修正が小さくなります。

 

97回目のコラムです。11月3日デフ・レパード×モトリー・クルー@Kアリーナ横浜という夢のカップリングのライブに行ってきました。ご覧の経営者の中でも80年代の洋楽に触れていた方々でしたらピンとくるバンド名ではないでしょうか。そのライブが実施された音楽専用アリーナとして新しく創られたKアリーナについて触れてみたいと思います。

 

ケン・コーポレーションが仕掛けるミュージックテラスという構想

ミュージックテラスは、ケン・コーポレーションが横浜市西区の「みなとみらい21地区」に新設した大規模複合施設で、Kアリーナ横浜…地上9階の音楽アリーナ、ヒルトン横浜…地上26階のホテル、Kタワー横浜…地上21階の事務所で構成されています。Kアリーナ横浜を中心とした、音楽と飲食とエンタメを同時に楽しめる場所としてオープン、世界中から「Kアリーナ横浜」へ訪れるゲストや地域の人々が集うことで、音楽と日常が交差し、新たな音楽やアーティストが生まれる場にしたいという想いを込めて「ミュージックテラス」と名付けられたそうです。

 

Kアリーナ横浜、ヒルトン横浜、Kタワー横浜、さらに水辺を臨むウッドデッキ、レストランやショップなども常設し、多彩な楽しみ方が出来る空間であり、Kアリーナ横浜で開催されるライブ・コンサートと連動したイベントなども行われます。 Kアリーナ横浜は9月29日に「ゆず」のこけら落としライブで幕を開けています。ヒルトン連結なんだあと思ってケン・コーポレーションのホームページを見たら、ヒルトンだけでなく、ハイアットリージェンシーやnikko hotelsなども傘下にありました。

 

音楽に特化した「Kアリーナ横浜」

Kアリーナ横浜のコンセプトが以下になっています。

 

すべては『音楽』を楽しむために、音楽の素晴らしさを、より深く感じていただくための設備を細部にまで詰め込んだ“K-Arena Yokohama” アーティストが奏でる音楽を心ゆくまでお楽しみください。

 

TV番組でも何回も特集されていましたが、完全に音楽に特化した大型アリーナになっています。
そのポイントは、
・すべての座席を、ステージ正面を向けた扇形に配置し、アーティストの表現が真正面から真っ直ぐに届く。
・全席に良質かつ迫力のある音を届けるハイクラススピーカーを設置。
・全席に長時間快適に過ごせるファブリックシートを導入。カップホルダー2個をイスに...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 野林 徳行氏

    野林 徳行氏

    有限会社オフィスフレンジー 代表

    1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1987年リクルート入社。経営企画、事業戦略、商品企画、プロモーションプランニングなどを担当し、カスタマーを知ることに徹底的にこだわった行動で各事業の業績向上に寄与。ブックオフコーポレーションへの出向を経て、2003年ローソン入社。執行役員としてマーケティング、エンタテイメント、商品開発を担当し、数々のヒット企画を生み出した。2010年ローソンエンターメディア代表取締役社長に就任。2012年レッグス入社。CMOとしてキャラクターを活用した販売促進を強化。2016年FiNC CMO就任。人工知能を活用したヘルスケアアプリのマーケティングを推進。現在は、有限会社オフィスフレンジー代表、高木学園理事兼英理女子学院高等学校マーケティング講師、NewsTV取締役、4DT取締役、ログノート監査役。さらに、BOチャンス、聡研プランニング、ニューネックス、助成金制度推進センター、Merone、All in Motoins、はんのりとと多岐にわたる業種で顧問を務める。著書「とことん観察マーケティング」をベースにした講演・研修を実施中。

    この登場者の記事一覧をみる