TOP とことん観察マーケティング 東ちづるさんの『妖怪魔混大百科』原画展に行ってきました

2023/11/09

1/1ページ

とことん観察マーケティング

第95回

東ちづるさんの『妖怪魔混大百科』原画展に行ってきました

  • マーケティング

野林徳行です。「KEIEISHA TERRACE」にてマーケティングコラムの連載をさせていただいております。

 

95回目のコラムです。『妖怪魔混大百科(ようかいまぜまぜだいひゃっか)』原画展に行ってきました。今回は、その様子と、著者東ちづるさんの活動についてレポートします。

 

『妖怪魔混大百科(ようかいまぜまぜだいひゃっか)』とは?

著名な女優であり、一般社団法人Get in touchの代表でもある東ちづるさんがコアな妖怪からメジャーな妖怪まで愛情いっぱいに描いて、自ら解説した『妖怪魔混大百科(ようかいまぜまぜだいひゃっか)』を出版しました。

 

ゴマブックス株式会社からAmazon POD(プリント・オン・デマンド)及び電子書籍で販売されています。表紙、大きさがお好みで選べる仕様になっているのはオンデマンドならではですね。Amazonの朗読サービス「Audible(オーディブル)」でも9月22日に発売されるとのことです。東さんが本書で解説したテキストを自身の声で収録しています。多様性にも配慮し、見えない人、読めない人にも楽しんでもらえるコンセプトになっています。

 

現代風にアレンジしたメジャーな妖怪から、オリジナル妖怪まで、61体を東さん自らが描き、社会風刺も交えながら解説したものになっています。本作での東さんの思いは、「『妖怪魔混大百科』では、表現と現実の多様さを楽しんでいただきたい。自分で生み出し描いた妖怪に、自分でオリジナル解説をつけて、自分で読む。広島弁や関西弁を話す妖怪もいます。それぞれの妖怪の特性にあわせたセリフ言い回しは、とても愉快でした! 視えない方にも、読みにくい方にも、妖怪を妄想しながら楽しんで頂きたい」とのことです。
まさに東さんが提唱する「まぜこぜの社会」のコンセプトです。

 

Get in touch展と『妖怪魔混大百科(ようかいまぜまぜだいひゃっか)』原画展に行ってきました

2023年9月8日〜9月24日に、有楽町駅から新橋駅の高架下スペース「日比谷OKUROJI」にて、日比谷OKUROJI3周年記念イベントとして開催されていました。
誰も排除しない「まぜこぜの社会」をめざして活動してきた11年の軌跡を、吊るす・並べる・立てる・隠す、などなど、さまざまにまぜこぜに展示し、「まぜこぜ」の心地よさを、多様な妖怪たちと楽しむイベントでした。
差別のない、誰も排除しない社会をつくることを一生懸命進めている東さんですが、「人間が言うと角が立つけど、妖怪なら伝わる可能性が上がるかも」と笑顔でおっしゃっていました。

 

以下が、ご挨拶文です。
ニンゲン界にも“多様性を受け入れよう”というムードは広がってきましたね。ですが、自分たちとは違ったり、理解できない人を、遠ざけたり、認めなかったり、傷つける、という残念なニンゲンもいます。
自分と違う、理解できない、会ったことがない、得体が知れない…. 妖怪は...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 野林 徳行氏

    野林 徳行氏

    有限会社オフィスフレンジー 代表

    1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1987年リクルート入社。経営企画、事業戦略、商品企画、プロモーションプランニングなどを担当し、カスタマーを知ることに徹底的にこだわった行動で各事業の業績向上に寄与。ブックオフコーポレーションへの出向を経て、2003年ローソン入社。執行役員としてマーケティング、エンタテイメント、商品開発を担当し、数々のヒット企画を生み出した。2010年ローソンエンターメディア代表取締役社長に就任。2012年レッグス入社。CMOとしてキャラクターを活用した販売促進を強化。2016年FiNC CMO就任。人工知能を活用したヘルスケアアプリのマーケティングを推進。現在は、有限会社オフィスフレンジー代表、高木学園理事兼英理女子学院高等学校マーケティング講師、NewsTV取締役、4DT取締役、ログノート監査役。さらに、BOチャンス、聡研プランニング、ニューネックス、助成金制度推進センター、Merone、All in Motoins、はんのりとと多岐にわたる業種で顧問を務める。著書「とことん観察マーケティング」をベースにした講演・研修を実施中。

    この登場者の記事一覧をみる