TOP 敏腕キャピタリストの着眼点 「正しい起業家」を求める投資家の目利き力。【後編】

2023/07/19

1/1ページ

敏腕キャピタリストの着眼点

第45回

「正しい起業家」を求める投資家の目利き力。【後編】

  • 経営
  • 組織

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

2023年5月、国内のスタートアップを対象にした101.5億円の2号ファンドの組成を完了したベンチャーキャピタル「DIMENSION」。同社を率いるのは、宮宗孝光さんです。

 

宮宗さんは2019年、ドリームインキュベータの一員として国内ベンチャーファンド「DIMENSION」を創設し、2021年にファンドごとMBOして独立。これまで出資先8社の上場、10社のExitを経験してきました。
宮宗さんが求めるのは、「正しい起業家」。そのうえで市場規模や将来性を見て、投資を決めます。その人を見極めるポイントや市場や事業の判断基準について聞きました。

(聞き手/川内 イオ)

ファンドごとMBOして起業

川内 2019年に子会社として立ち上げた国内ベンチャー投資ファンドDIMENSIONをMBOして、2021年9月に独立されています。スタートアップと関わるうちに刺激を受けたのですか?

 

宮宗 いえ、違います。2020年6月にドリームインキュベータ(DI)創業者の堀さんが退任したことがキッカケとなりました。堀さんの退任後、DIの新たな経営陣と今後の経営について話をするなかで、DIは投資ではなくコンサルティングに注力することが決まりました。それを踏まえ、すでに運用しているDIMENSIONファンドはどうするのかを会社と話し合い、夢に挑戦する祖業であるベンチャーインキュベーションの事業ごとDIの新たな経営陣から温かく送り出していただく形でMBOを決めました。

 

川内 それまでずっと会社員として事業をしてきて、独立のプレッシャーはありませんでしたか?

 

宮宗 ありがたいことに、ありませんでした。前編でお伝えした4つの目的に沿って仕事をしている延長の意識が強く、そのために役割を全うしていることが大きいと思っています。ある意味、「やってみなさい」という天から与えられた役回りという気がしています。

 

川内 独立後に定めた御社のビジョンは「正しい起業家と事業の創出」です。どういう想いが込められているのでしょうか?

 

宮宗 ファンドなので、どうしても数値や利益追求と思われてしまいがちなのですが、そうではありません。不義理を働かない正しい起業家がお客さんやユーザーを裏切らない良いプロダクト、良いサービスをつくっていく事が大切だと思っています。そして、DIMENSIONはそうした取り組みをアシストする存在だということをハッキリさせるビジョンを掲げています。

 

川内 正しい起業家の見極め方法は?

 

宮宗 面談の際の応対...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 宮宗 孝光氏

    宮宗 孝光氏

    DIMENSION株式会社 代表取締役社長

    ビジョンは「正しい起業家と事業の創出」。真摯に経営に向き合う起業家に出資し、事業拡大・上場を支援する国内ベンチャー投資ファンドDIMENSIONの代表取締役社長。出資先8社の上場、9社のExitを経験。直近の出資・支援先はSHOWROOM、五常・アンド・カンパニー、AnyMind Group 、LegalOn Technologies 、カバーなど。2006年から起業家との勉強会を主催。メンバー17名中、10名が上場。 東京工業大学・大学院を卒業後(飛び級)、シャープ株式会社を経て、2002年からDIにて20年間、大企業とスタートアップの戦略策定、幹部採用、M&A、提携、出資・上場支援に従事。2019年DIMENSIONファンドを立ち上げ、2021年MBO・独立。 支援先のトライオン株式会社の社外取締役、日本スタートアップ支援協会の顧問を兼任。

    この登場者の記事一覧をみる