TOP イマ、ココ、注目社長! データサイエンスで成果にコミット。マーケティングに変革を。【後編】

2022/11/11

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第287回

データサイエンスで成果にコミット。マーケティングに変革を。【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

株式会社サイカは、平尾喜昭氏が2012年に設立したデータサイエンスカンパニーです。インタビュー後編では、同社の最新プロダクトのほか、平尾さんが企業やメディア、クリエイターらと共に立ち上げたBMC(ボーダレスマーケティングコミュニティ)などについてうかがっています。平尾さんとサイカが思い描く、理想のマーケティング業界の姿とは……。

(前編はこちら)

(聞き手/井上和幸

 

マーケターのニーズに応えたツールでデータ分析を民主化する

――サイカさんは、最初は統計分析コンサルティング業務から始められて、現在ではプロダクトを武器にしたコンサルティングで強みを発揮されています。御社がこれまでに開発してきたプロダクトについて解説いただけますか?

 

平尾 まず2013年にリリースした統計分析アプリ「adelie(アデリー)」は、データ分析を民主化するために開発したものです。きっかけは、僕たちがツールを使ってコンサルティングをする中で、「プロ向けの分析ツールは使いにくいな」と感じたことでした。これをどうにかしたいと思いました。
アデリーは、ある種、汎用的な分析ツールでしたので、金融業界や経営企画部門の方などデータを使いそうなところに片っ端からプレゼンしたのですが、蓋を開けてみたら、ユーザーはマーケターの方ばかりだったんです。

 

――なるほど。興味深いですね。

 

平尾 マーケターがアデリーで分析したがった理由は、何十億、何百億と広告費を使っているにもかかわらず、彼らはそれが売り上げにいくら跳ね返ってきたかわからないからです。調べてみると、そういった話が見えてきました。

 

であれば、マーケターのニーズに特化したサービスをつくったら、みんながハッピーになるのではないかと考え、2016年にオンオフ統合分析ツール「MAGELLAN(マゼラン)」が生まれました。マゼランでは、広告だけではなくマーケティングに関するあらゆる要因の売り上げへの影響を、ROI(投資利益率)という同一指標で可視化できます。最適な予算配分もシミュレーションもできます。

 

――マゼランが「マーケティングの全体最適化」とすれば、次のプロダクトはどのように進化したのでしょうか?

 

平尾 マゼランを販売したときに聞こえてきたのが、「データ分析をマーケティングに活用しても、その分析結果が実践に落ちない。」という声でした。さて、どうしようかと考え、最初は広告代理店さんと組むことを選んだのですが、代理店さんはマーケティングの透明性を上げることでお金を得ているわけではな...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 平尾 喜昭氏

    平尾 喜昭氏

    株式会社サイカ 代表取締役 CEO

    2012年慶應義塾大学総合政策学部卒業。 幼い頃から音楽に触れていた生粋のバンドマン。 父親が勤める会社が倒産したことを原体験として、「世の中にあるどうしようもない悲しみをなくしたい」と強く思うようになる。 大学在学中に出会った統計分析から経営支援の可能性を見出し、2012年2月に株式会社サイカを創業。 統計学と経済学をベースに、これまで数多くの大手クライアントでマーケティング精度向上のコンサルティングを行ってきた。 その知見を基に、サイカの各種ツール開発におけるプロダクトオーナーを歴任。

    この登場者の記事一覧をみる