TOP ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術 できるリーダーはやっている! 部下のやる気を高める「対話」とは?

2022/10/06

2/2ページ

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術

第135回

できるリーダーはやっている! 部下のやる気を高める「対話」とは?

  • ビジネススキル
  • キャリア

 
このように、すぐにアドバイスをするのではなく、部下が「どう考えている(心)のか」を“教えてもらう”スタイルこそが、対話です。今こそ、このコミュニケーションができてこそ、オンラインであろうが、短時間であろうが、部下の本心を知ることができ、また「自分で考える主体性」を宿らせることができるわけです。

 
「納得」は、命じることではなく、聞くことで生まれる

部下と面談をしていて、こんなことはないでしょうか。
 
「つい、気が付けば、自分が話してしまう……」「次の質問が思い浮かばず、会話が続かない……」。
 
でも、そうだとしたら、今こそ“克服しておきたい弱点”と認識しておきましょう。
 
マネジメントの大家、ドラッカーはこういっています。
 
過去のリーダーの仕事は「命じること」だが、未来のリーダーの仕事は「聞くこと」が重要になる。
コミュニケーションで最も大切なことは、“相手の言わない本音”の部分を聞くことである。
 
解説しましょう。
 
言われたことしかしない「消極的な部下」がいたとします。「主体的になってほしい」と命じたところで、そう簡単に主体的になるはずはありません。そこで、「聞くこと」が必要となるわけです。会話のシーンはこんな感じ。
 
上司 「〇〇さんには、新人の面倒を見てほしい。どうかな?」
部下 「あ、はい……分かりました」
上司 「ありがとう。もし、あれば教えてほしいんだけど、面倒を見るにあたって、気になることはある?」
部下 「……えっと……いえ、特に大丈夫です……」
 
 ※まだ、聞きます。
 
上司 「安心した。新人と距離が近い〇〇さんだからこそ、教えてもらっていい? 面倒を見るにあたって、うまく行かなくなる要素があれば確認しておきたいのだけど、どんなことが想定されそう?」 
部下 「そうですね……。私自身が忙しく、時間をとってあげられるかが不安です」
上司 「そうか……。どうしてなの?」
部下 「仕事が増えて、自分のことでも手が一杯になっているんです」
 
 ※まだ、聞きます。
 
上司 「そうか……。手がいっぱいなんだ……。ところで、その忙しさを解消できれば、面倒を見ることへの不安はなくなる?」
部下 「なんとも言えないです」
上司 「そうなんだ。それは、どうして?」
部下 「……」
上司 「………………(沈黙)…………………」
部下 「教える自信がないのです……」
 
あぶないところでした。「面倒を見てほしい」と指示しただけでは、うまく行かないリスクもあったでしょうし、部下のメンタルダウンのリスク、さらには離職のリスクにもなってしまうことが、容易に想像できます。何より、部下は全く納得していませんでした。
 
状況によっては、聞きだすのに30分ほどかかることもあります。しかし、この会話から、聞くことの重要性を確認できたわけです。もちろん、毎回、このような会話をすると面倒くさい上司になってしまいますので、「部下は不安を感じていないかな?」「任せた仕事を本当に完遂できるかな?」と上司として少し不安を感じた際に、「じっくり聞く」対話をしてみることをお勧めします。

 

この記事は、アイティメディア株式会社の許諾を得て
「ITmediaエグゼクティブ『ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術』」
の連載から転載したものです。無断転載を禁じます。

Copyright(C)ITmedia,Inc. All Rights Reserved.

 

 

1

2

プロフィール

  • 伊庭 正康氏

    伊庭 正康氏

    株式会社らしさラボ 代表取締役

    1991年リクルートグループ入社。 営業としては致命的となる人見知りを4万件を超える訪問活動を通じ克服。プレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で、年間全国トップ表彰4回を受賞、累計表彰回数は40 回以上。 その後、営業部長、フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。 2011年らしさラボを設立。 リーディングカンパニーを中心に、年間250回のリーダー研修、営業研修、コーチング、講演を行っている。リピート率は9割を超える。 著書は、『計算ずくで目標達成する本(すばる舎)』『できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ(PHP研究所)』『強いチームをつくる!リーダーの心得(明日香出版社)』『残業ゼロだからこそ目標達成!!本気でやるチーム時短術(明日香出版社)』など多数。 その活動は、日本経済新聞、日経ビジネス、など多数のメディアでも紹介される。

    この登場者の記事一覧をみる