TOP イマ、ココ、注目社長! フードロス問題から誕生した「Kuradashi」。いまや食品企業が重宝する存在に。【後編】

2022/09/16

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第265回

フードロス問題から誕生した「Kuradashi」。いまや食品企業が重宝する存在に。【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

年間約522万トンに及ぶ日本のフードロスの解決に取り組むソーシャルグッドマーケット「Kuradashi(クラダシ) 」。賞味期限が迫った食品や季節商品、パッケージの汚れやキズなどが原因で通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、「Kuradashi」で販売しています。

2015年2月のサービス開始から7年半で、会員数は約35万人、取引先の企業数は990社、売り上げは約13億円に達しました。同社を立ち上げた株式会社クラダシ代表取締役社長の関藤竜也(せきとう・たつや)氏に、「100戦100敗」から始まった起業とその後の快進撃、今後の展望などを聞きました。

(前編はこちら)

(聞き手/川内イオ

 

正しいことを正々堂々と言えば参加者は集まる

――「Kuradashi 」のサービス開始は、2015年2月。その7カ月後に、国連がMDGsの発展版として持続可能な開発目標 SDGsを発表します。タイミングとしてはバッチリだったと思いますが、事業のスタートは順調でしたか?

 

関藤 いえ、始めてみたら思ったより大変でした。特に「Kuradashi 」をローンチする前は事業の説明をしてもなかなか理解してもらえず、「現金を持ってきたら取引してもいい」と言われたことは何度もありますし、ディスカウンタールートと何が違うのか と言われたこともあります(※ディスカウンタールートとは、正規のルートを通さずに仕入れた品物を安値で売る商人を指す)。

そういうときは、ディスカウンター なにが違うのかを丁寧に説明しました。例えば、社会貢献やフードロスの解消を掲げ、売り上げの一部を社会貢献活動団体へと寄付する「Kuradashi 」に出品することは、ブランドイメージはむしろ高まるという話です。これを、弊社では廃棄の可能性があった商品を価値あるものに生まれ変わらせる「1.5次流通」と表現しています。それでも100回アプローチして100敗するような勢いでしたが、大げさに言うと、誰かが既存の流通に風穴を開けてフードロスを削減しないといけない。じゃあ誰がやるのか、「それは僕 でしょ」って自問自答していましたね。

 

――100戦100敗で心は折れませんでしたか?

 

関藤 「Kuradashi 」への参加を断られたときは、相手がどうではなく、自分がどうだったかを分析しました。テレアポ1本にしても、自分の話が長すぎるのか、的を得ていないのか、アプローチすべき人が 間違っていない か、細かく見直しました。
そのうえで、正しいことを正々堂々と言えば、絶対に参加者は集まるという自信があったし、負け...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 関藤 竜也氏

    関藤 竜也氏

    株式会社クラダシ 代表取締役社長

    1971年大阪生まれ。1995年総合商社入社。 高度経済成長期の中国駐在を経て独立。 戦略的コンサルティング会社取締役副社長を経て、 SDGs採択の7カ月前の2014年にフードロス問題を解決するため、 株式会社クラダシを設立し現職。国連WFP協会評議員も務める。

    この登場者の記事一覧をみる