TOP イマ、ココ、注目社長! デザインの力で、明日のクリエイターエコノミーをつくる。【後編】

2022/07/13

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第244回

デザインの力で、明日のクリエイターエコノミーをつくる。【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • TieUps株式会社 CEO兼CDO (デザイン及びユーザー体験責任者) 小原 史啓氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

「もともとはオタクで、人と話すことが苦手だった」と語る、TieUps のCEO・小原史啓(おはら ふみひろ)氏。小原氏にとって、美大で学んだデザインはコミュニケーションのための手段だったそうです。そのデザインの力がキャリアの強みとなり、TieUps 創業の原動力となり、現在の基幹事業であるプロフィールサイト「lit.link(リットリンク)」を成功に導きました。35歳での起業を目指し、実現させた小原氏のキャリア戦略と、そこで学んだこと、いま描いている未来について伺いました。

(前編はこちら
(聞き手/井上 和幸

 

CEOがデザイナーだから、スピーディーに軌道修正できる

――TieUpsの設立から「lit.link」のリリースまで、どのぐらいかかったのでしょう?

 

小原 β版を公開したのが2020年12月10日ですから、半年ぐらいですね。

 

――それからわずか1年ほどでMAU(Monthly Active Users、月当たりアクティブユーザー数)1000万人を突破したと聞いています。すごいですよね。

 

小原 Webサービスの立ち上がりスピードとしては早いほうだと自負しています。

 

――勝因は何だと分析していますか?

 

小原 例えば、新規ユーザーを10人獲得したとして、そのうちの何人が次の新規ユーザーを連れてきてくれるかが鍵になります。ここをしっかり計測して増やしていけば、ユーザー数は指数関数的に伸びて、サービスは自動的に成長していく。そこの構造設計をきちんと考えたことが良かったんだと思います。

 

――とはいえ、なかなかそう上手くはいかないですよね。

 

小原 そこは、僕がCEOでありデザイナーでもあることが効いたのだと思います。実は、「lit.link」をリリースしたあとすぐに、修整するべき箇所が百単位で見付かったんです。ふつうなら、それを1つ1つ潰していくためにミーティングを重ね、デザイナーやエンジニアに指示を出して、地道に作業を繰り返していかなければならない。けれどもうちの場合、ミーティングは必要ありません。

 

――CEOが自分で潰してしまうわけですね。それはすごいな。

 

小原 修整箇所が何百あるとしても、20日もあればだいたいクリアできます。ふつうなら、たぶん半年はかかるところでしょう。経営とデザインの両方をやって分かったことは、プロフェッショナルなデザイナーの多くは、必ずしも経営方針やユーザーエクスペリエンスを考えてデザインして...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 小原 史啓氏

    TieUps株式会社 CEO兼CDO (デザイン及びユーザー体験責任者)

    1984年生まれ。横浜美術短期大学(現横浜美術大学)卒業。㈱ノジマに入社し、同子会社の責任者や店舗開発・アプリ開発などを担当し、㈱マクロミルでのリサーチとマーケティング経験を経て、株式会社SnSnap(現GENEROSITY)の1号社員として立ち上げと事業開発を行う。広告代理店とメディア事業で独立後、2020年にプロフィールサイト「lit.link」、コミュニティSNS「WeClip」を開発・運営するTieUps株式会社を創業。