TOP ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術 人生100年時代、複業をするために自分の「強み」を見つけよう。スタンフォード出身者が教える複業のポイント

2021/09/09

2/2ページ

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術

第114回

人生100年時代、複業をするために自分の「強み」を見つけよう。スタンフォード出身者が教える複業のポイント

  • ビジネススキル
  • キャリア
  • 江端 浩人

逆に3カ月続けて、とても楽しいと感じたら、そのまま半年続けてもいいでしょう。そして、同じことに挑戦している仲間の中で自分が上位30%に入っていれば、「得意なこと」と判断します。

 

「得意なもの」と判断したものの中でも「とくに得意だ」と感じたものは、トップ10%、あるいは5%に入るように頑張ってみるといいでしょう。ただ、得意なものが見つかっても、新しいものに挑戦することを止めてはいけません。得意なものはどんどんストックしていき、新しいものへの挑戦も継続するのです。

 

私の場合、インターネット上の趣味を多く持っており、常に新しいものを試しています。noteもやってみましたし、プログラミングにも挑戦しました。

 

サッカーでもさまざまなポジションを経験していると「ユーティリティープレーヤー」といわれ、重宝されます。人が足りないときには、呼ばれるようになるのです。複業も同じです。ユーティリティープレーヤーのように複数の強みがあると、その分、舞い込んでくる仕事の幅が広がります。

 

1つを100%極めるのではなく、3つを70%できるようになることを目指しましょう。

複業によって幸福度が高くなる

本業だと、どうしてもイヤなことをしなければならないシーンがあります。面倒で手間のかかる業務、ムカつく上司・部下・クライアント……「仕事だからしょうがないか」と諦めている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、複業は自己決定がベースにあります。やるかやらないか、どんな仕事を選ぶかはあなた次第。やりたくないなら断ればいいし、無理ならNoと言えばいい。そもそもが「やりたいこと」や「できること」が基準になっているので、ストレスは本業ほどかかりません。

 

実は、複業の最大のメリットは「自己決定によって幸福度を高めること」だと私は考えています。

 

神戸大学社会システムイノベーションセンターの調査によると、「自己決定、つまり自分で決めることができる人は幸福度が高い」そうです。そして驚くべきことに、「学歴が高い」ことや「年収が高い」ことよりも、「自己決定」は幸福度を上げる効果があるのです。

 

お金、やりがい、社会貢献、仲間……これらは複業におけるサブ・メリットでしかありません。メインのメリットは、「自己決定できること」です。なぜ、複業をするのか? 答えは、「幸せになれるから」。それが、数々の複業を経験している私の結論です。

 

以上のことをご参考に、ぜひみなさんも新たなキャリアを開拓し、副業を成功させてください。

 

この記事は、アイティメディア株式会社の許諾を得て
「ITmediaエグゼクティブ『ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術』」
の連載から転載したものです。無断転載を禁じます。

Copyright(C)ITmedia,Inc. All Rights Reserved.

 

 

1

2

プロフィール

  • 江端 浩人

    米ニューヨーク・マンハッタン五番街生まれ。米スタンフォード大学経営大学院修了、経営学修士(MBA)取得。 伊藤忠商事の宇宙・情報部門、ITベンチャーの創業を経て、日本コカ・ コーラでiマーケティングバイスプレジデント、日本マイクロソフト業務執行役員セントラルマーケティング本部長、アイ・エム・ジェイ執行役員CMO、ディー・エヌ・エー(DeNA)執行役員メディア統括部長、MERY副社長などを歴任。 現在はエバーパークLLC、江端浩人事務所代表として各種企業のデジタルトランスフォーメーションやCDOシェアリング、次世代デジタル人材の育成に尽力している。 メンバー7500人の次世代マーケティングプラットフォーム研究会主宰。2020年開学のiU情報経営イノベーション専門職大学教授に就任。

 他の記事を読む

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術