TOP イマ、ココ、注目社長! 「記憶」を日常に。誰でも当たり前に記憶できる世界を目指して。【後編】

2021/06/25

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第151回

「記憶」を日常に。誰でも当たり前に記憶できる世界を目指して。【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • モノグサ株式会社 代表取締役 CEO 竹内 孝太朗氏
  • モノグサ株式会社 代表取締役 CTO 畔柳 圭佑氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

モノグサ株式会社は、人間の「記憶」に焦点を当てたビジネスを展開している。教育領域に取り組んでいるベンチャーは多いが、「Monoxer」はそれらEdTechとは一線を画く、唯一無二のサービスだという。
なぜなら、従来の教育は、教材を提供するだけ。「覚えること」は本人の努力であって、誰かがサポートする、という概念がなかった。モノグサが目指すのは全世界の教育格差をなくすこと。CEOの竹内孝太朗氏とCTOの畔柳圭佑氏に話をうかがった。

 

 

(前編はこちら)

(聞き手/井上和幸

一緒に進む船であり続けたい。

――スタートはお二人で?

 

竹内 完全に二人です。
まず、2017年1月に畔柳が先にGoogleを辞めました。次に私が2017年8月30日に退職しました。畔柳が「まだ売るタイミングじゃないから辞めるのは遅くてもいい」と言ったので、「じゃ、そうする」と言って決めました。リリースしたのは11月です。
リリースした段階で、日本には様々な検定があるので、検定を主宰している企業や団体、100社くらいにアプローチしました。

笑い話ですが、私は「ポケモン言えるかな?」世代です。ポケットモンスターはキャラクターが多くいるので、「モノグサを使わないと覚えられないだろう」と考えました。ポケモンさんに熱いメールを送り、アポを取って話に行ったのですが、「覚えることを目的とはしていません」と言われ「それはそうか」となったりもしました(笑)。

 

──ポケモンは残念でしたね。フジテレビの「99人の壁」に出る人は、絶対に欲しがる気がします(笑)。

 

竹内 それから、「記憶」は生徒だけでなく、それを管理する人もいる、ということに気づきました。管理人、つまり先生のような存在にアプローチすることを考えました。
私としては、本当に使ってもらえるところに売りたいと考えたので、BtoC向けの学習アプリが出来た段階で、管理者機能を作ってもらい、それを営業することを考えました。

 

──それで事業が動き出すステップになった?

 

竹内 そうです。現段階での売り上げのほとんどはそこです。管理者機能を実装したのは2018年3月です。

 

──最初に手応えを感じたのはどのようなことですか?

 

竹内 「Monoxer」はとても特殊な商品です。誰も「記憶すること」に対してお金を払う認識がないからです。
たとえば、単語帳を売る場合、「使うと楽になる」とか、「効率が上がる」とセールスをします。でも、覚えることに対しては誰もお金を払う意味を見出さな...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 竹内 孝太朗氏

    モノグサ株式会社 代表取締役 CEO

    名古屋大学経済学部卒。2010年に株式会社リクルートに入社。中古車領域での広告営業に従事し、2011年に中古車領域初及び最年少で営業部門の全社表彰を受賞。2013年からは「スタディサプリ」にて高校向け営業組織の立ち上げ、学習到達度測定テストの開発、オンラインコーチングサービスの開発を行う。高校の同級生である畔柳とMonoxerを共同創業。

  • 畔柳 圭佑氏

    モノグサ株式会社 代表取締役 CTO

    東京大学大学院情報理工学系研究科卒。コンピュータ科学を専攻、分岐予測・メモリスケジューリングを研究。2013年にグーグル株式会社に入社し、Text Frameworkの高速化およびLaptop対応、ソフトウエアキーボードの履歴・Email情報を用いた入力の高精度化、およびそれを実現する高速省メモリ動的トライの開発、ジェスチャー入力の開発を行う。高校の同級生である竹内とMonoxerを共同創業。