TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 コロナ禍だからこそ「できることを誠実にやり続ける」。/『ポストコロナの経済学』

2020/12/25

1/1ページ

第134回

コロナ禍だからこそ「できることを誠実にやり続ける」。/『ポストコロナの経済学』

  • ビジネススキル
  • 組織
  • 経営
  • 日経BP 書籍編集者 沖本 健二氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『ポストコロナの経済学』。本書の編集を手掛けられた、日経BPの沖本健二氏に見どころを伺いました。

 

 

書籍『ポストコロナの経済学』の企画が持ち上がったのは、2020年4月中旬、新型コロナウィルス感染症に対する緊急事態宣言(4月7日発令)のまっただ中だった。日本屈指のエコノミストである大和総研の熊谷亮丸氏に執筆をお願いし、ゴールデンウィーク返上で短期間のうちに一気に書き上げてもらった。

 

発行からはや半年が経過したが、熊谷氏の分析や見通しの的確さにあらためて感心させられるとともに、現在の状況を言い当てる指摘がいくつもあるので、本稿で紹介させていただこうと思う。

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 沖本 健二氏

    日経BP 書籍編集者

    月刊誌『日経ベンチャー』、『日経ヘルスケア』などを経て現職。趣味は銭湯巡り。