TOP KEIEISHA TERRACEセミナー  ナレッジライブラリー 夢や大義、やりたいことを、40代・50代だからこそ考える必要がある。【後編】

2020/12/25

1/1ページ

第9回

夢や大義、やりたいことを、40代・50代だからこそ考える必要がある。【後編】

  • スペシャル対談
  • キャリア
  • 株式会社 FeelWorks社長・株式会社働きがい創造研究所会長・青山学院大学兼任講師 前川 孝雄氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上 和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

2020年11月26日(木)、オンライントークライブ「40歳からのキャリア戦略/残るか、移るか、独立か」が開催されました。

「40代・50代、どうキャリアを重ねていくか迷っている」、「社内でより高みに上っていくにはどうすればよいか、ヒントが知りたい」、「コロナ禍において、新天地や独立を考えている」といった方々へ向けて、前川孝雄氏(株式会社FeelWorks 代表取締役)と井上和幸(弊社代表取締役社長・CEO)のリクルートの同期入社組が、フランクに語り合いました。前回に引き続き、盛りだくさんだった対談の一部をお届けします。

 

井上 ちょっと青臭いのですが、「働く目的をどこに置かれていますか?」という設問と投票結果があります(図3)。

 

図3

 

前川 今日は意識の高い人が集まっているからこうなるんでしょうね。いいですね!

僕は起業してから13年間、人材育成に打ち込んできてずっと言い続けているのですが、やはり大事なのは働きがいだと思うんです。

働き方改革では、働きやすさばかりを――「労働時間を減らせ、休みを増やせ」といったようなことばかりを言っているわけですが、それは衛生要因であって、人が働く目的じゃない。もちろん育児や介護、病気の治療をしながらに働く人たちもいるわけで、衛生要因は必要だけど、あくまで働き続けるサポートにすぎない。目的は、自分だから担う仕事そのもの、組織の中での責任、持ち味への承認、世のため人のために役立った達成感のはず。

こうした動機づけ要因というのは、やはり自分の心の中で持つもので、これが働きがいなんですよね。これを第一にしてほしいと思うんです。

 

井上 もちろん、実績や力、経済力などがないと、なかなか「生きがい・働きがい」に目を向けにくいとは思うのですが、皆さんはこれらをベースにできるくらい、仕事をこれまで積み重ねてこられている。素晴らしいですね。

 

前川 今日は匿名で答えていただいているので、これは本音だと思いますが、実際に一般的な40代・50代の方に聞くと、本音では1番「経済上の理由」と、2番「昇進・昇格などの出世」と回答する人が圧倒的だと思うんですね。経済上の理由に加えて、「課長だ、部長だ、役員だ」みたいな肩書きはやっぱり気になるし、そこが目的になってしまっている、という人は結構多いと思う。

役職定年や嘱託になってから元気がなくなってしまうという事例は多々ありますが、ここが目的になっているままだからじゃないでしょうか。見栄や世間体がプライドと密接につながっている部分も多いとは思うけど、人生...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 前川 孝雄氏

    株式会社 FeelWorks社長・株式会社働きがい創造研究所会長・青山学院大学兼任講師

    「コミュニケーションが人と組織を変える」をスローガンにする人材育成の専門家集団(株)FeelWorksグループ創業者。兵庫県生まれ。大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール卒業。リクルートを経て、2008年に「人を大切に育て活かす社会づくりへの貢献」を志に起業。独自開発した「上司力研修」「上司力鍛錬ゼミ」や「人を活かす経営者ゼミ」、「育成風土を創る社内報」などを手掛け、300社超で「人が育つ現場」づくりを支援している。ミニドラマを用いた「働く人のルール講座」、「キャリアコンパス研修」、「女性幹部リーダー養成研修」など、時代性を踏まえた先進的な研修プログラムも提供している。2017年に中小企業支援の(株)働きがい創造研究所を設立。『上司の9割は部下の成長に無関心』『「働きがいあふれる」チームのつくり方』などベストセラー著書多数。

  • 井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年より株式会社リクルート・エックス。2010年2月に株式会社 経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 自ら2万名超の経営者・経営幹部と対面してきた実績・実体験を活かし、経営者力/リーダーシップ力/キャリア力/転職力/を劇的に高める【成功方程式】の追究と、その伝道をライフワークとする。