TOP KEIEISHA TERRACEセミナー  ナレッジライブラリー 40代、50代にとって、ベストチョイスは残留?転職?独立?【前編】

2020/12/18

1/1ページ

第8回

40代、50代にとって、ベストチョイスは残留?転職?独立?【前編】

  • スペシャル対談
  • キャリア
  • 株式会社 FeelWorks社長・株式会社働きがい創造研究所会長・青山学院大学兼任講師 前川 孝雄氏
  • 株式会社経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上 和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

2020年11月26日(木)、オンライントークライブ「40歳からのキャリア戦略/残るか、移るか、独立か」が開催されました。

「40代・50代、どうキャリアを重ねていくか迷っている」、「社内でより高みに上っていくにはどうすればよいか、ヒントが知りたい」、「コロナ禍において、新天地や独立を考えている」といった方々へ向けて、前川 孝雄氏(株式会社FeelWorks 代表取締役)と井上 和幸(弊社代表取締役社長・CEO)のリクルートの同期入社組が、フランクに語り合いました。

本記事では盛りだくさんだった対談の一部を抜粋・編集し、2回にわたってお届けします。

 

井上 今日はよろしくお願いします。ところで前川くんは、最新刊として『50歳からの幸せな独立戦略  会社で30年培った経験値を「働きがい」と「稼ぎ」に変える!』(PHPビジネス新書)、『コロナ氷河期  終わりなき凍りついた世界を生き抜くために』(扶桑社)などを次々に出されていますが、これで本は何冊書いたのですか。

 

前川 今33冊ですね。

 

井上 そんな冊数になったのだね、すごい!

 

前川 個人的にはコロナ氷河期というタイトルは不安を煽るようで本意ではなかったんだけど、編集者の方が「どうしてもこれで行きたい」ということで…。

 

井上 実は前川くんと僕はリクルートの入社同期でして、平成が始まる節目の年に社会人になったのですが、もれなくリクルート事件が付いてきましたね(笑)。

 

前川 ハハハ。

 

井上 それはさておき、今の段階で、今後どのようなキャリアを考えているのかを、視聴者の皆さんに投票で答えていただきました(★図1)。

 

 

前川くんの感覚でこの結果を見ると、どんな感じですか?

 

前川 転職を考えている方が半分以上いらっしゃるのは、すごいと思いますね。僕が普段接している大企業に勤める40代・50代の、特に男性の管理職の方々に聞いたら、こんなに高い数字は出ないし、1位はおそらく「現在の会社で定年まで勤める」だと思う。

 

井上 そうだよね。この場には、今後のステップをご自身でいろいろ考えている方が集ってくださっているので、良い意味でこうなるのでしょう。この他に「副業を始める」という選択肢もあると思いますし、今日の皆さんの意識としては、9割以上は現状を変える方向だということですね。

 

前川 すごいね。世の中の40代、...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 前川 孝雄氏

    株式会社 FeelWorks社長・株式会社働きがい創造研究所会長・青山学院大学兼任講師

    「コミュニケーションが人と組織を変える」をスローガンにする人材育成の専門家集団(株)FeelWorksグループ創業者。兵庫県生まれ。大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール卒業。リクルートを経て、2008年に「人を大切に育て活かす社会づくりへの貢献」を志に起業。独自開発した「上司力研修」「上司力鍛錬ゼミ」や「人を活かす経営者ゼミ」、「育成風土を創る社内報」などを手掛け、300社超で「人が育つ現場」づくりを支援している。ミニドラマを用いた「働く人のルール講座」、「キャリアコンパス研修」、「女性幹部リーダー養成研修」など、時代性を踏まえた先進的な研修プログラムも提供している。2017年に中小企業支援の(株)働きがい創造研究所を設立。『上司の9割は部下の成長に無関心』『「働きがいあふれる」チームのつくり方』などベストセラー著書多数。

  • 井上 和幸

    株式会社経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年より株式会社リクルート・エックス。2010年2月に株式会社 経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 自ら2万名超の経営者・経営幹部と対面してきた実績・実体験を活かし、経営者力/リーダーシップ力/キャリア力/転職力/を劇的に高める【成功方程式】の追究と、その伝道をライフワークとする。