TOP KEIEISHA TERRACEセミナー  ナレッジライブラリー 伊藤羊一氏×小杉俊哉氏×井上和幸/対面でもリモートでも、成果が最大になる方を選べばいい。【前編】

2020/11/27

1/1ページ

KEIEISHA TERRACEセミナー  ナレッジライブラリー

第6回

伊藤羊一氏×小杉俊哉氏×井上和幸/対面でもリモートでも、成果が最大になる方を選べばいい。【前編】

  • 転職
  • キャリア
  • 伊藤 羊一氏 武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部学部長 Musashino Valley代表 LINEヤフーアカデミア学長 Voicyパーソナリティ
  • 小杉 俊哉氏 合同会社THS経営組織研究所 代表社員
  • 井上 和幸 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

10月29日、【KEIEISHA TERRACE オンライントークライブ】「徹底討論! ウィズコロナのリーダーシップ アップデート編」が開催されました。鼎談メンバーは、伊藤羊一氏(ヤフー株式会社コーポレートエバンジェリスト、Yahoo!アカデミア学長)、小杉俊哉氏(合同会社THS経営組織研究所代表社員、慶應義塾大学大学院理工学研究科訪問教授)、そして、弊社代表取締役社長・CEOの井上和幸です。

 

コロナ禍となってから半年以上が経過した今、各社の取り組みや現状、そこから見えてきた課題などを踏まえて、これから必要なリーダーシップなどについて改めて語り合っていただきました。ここでは盛りだくさんだった鼎談のごく一部を抜粋・編集し、前・後編の2回にわたってお届けします。

 

対面でもリモートでも、成果が最大になる方を選べばいい。

トーク序盤の話題は「オンライン・リモートワークは今後も機能するか?」。まず、ファシリテーターの井上から、「最初にリモートに振り切った中のいくつかの会社が対面型の方に戻そうという話が出ているのが興味深い」という話題提起があり、視聴参加者の方々に現在の勤務状況などいくつかのアンケートを行いました。

続いて、伊藤氏が、7月にレノボが行った国際調査を紹介。それによると、日本は「在宅勤務を生産性ダウンと感じている人」が先進国10か国の中で突出して高い結果になっているとのこと。

これを受けて、コロナ禍でも意識が変わらない日本の経営者や、変わりたくない人々についての議論になりました。

 

以下は、それに対するおふたり(伊藤氏、小杉氏)のコメントの一部です。

 

「オンラインがえらいとか、オフラインがえらいといった話ではない。成果を最大限に出すため、そして、生産性を最大限に上げるためにどうしているか?――という発想が、日本の会社の幹部には圧倒的に足りないのではないか」(伊藤氏)

 

「イノベーションのアイデアはたまたま隣の部署と人とオフィスで話しているときに生まれることもある。そういった生産性、アウトプットを極大化することにおいて『リモートワークは弊害がある』と捉えているのであれば、それは是とする部分がある。しかし、多くの場合は、単純に『対面で顔を合わせないと話にならないよ』という意味で言っているのではないか? それは違うと言いたい」(小杉氏)

 

こうした話の流れを受けて、リモートワーク下でのコミュニケーションの在り方について語り合っていただいたのが以下の内容です。ここからは、トークライブの再現に近い形でご紹介します。

 

オンライン・リモートワークは今後も機能するか。 

井上 リモートワークが進んでいる中で、コミュニケーションのところでご苦労されている会社が多いようですが、伊藤さんのところはどうでしょうか...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 伊藤 羊一氏

    伊藤 羊一氏

    武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部学部長 Musashino Valley代表 LINEヤフーアカデミア学長 Voicyパーソナリティ

    アントレプレナーシップを抱き、世界をより良いものにするために活動する次世代リーダーを育成するスペシャリスト。2021年に武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)を開設し学部長に就任。2023年6月にスタートアップスタジオ「Musashino Valley」をオープン。「次のステップ」に踏み出そうとするすべての人を支援する。また、LINEヤフーアカデミア学長として次世代リーダー開発を行う。代表作「1分で話せ」は60万部超のベストセラーに。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 小杉 俊哉氏

    小杉 俊哉氏

    合同会社THS経営組織研究所 代表社員

    早稲田大学法学部卒業後、日本電気株式会社(NEC)入社。 マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学大学院修士課程修了。 マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン株式会社人事総務部長、アップル人事総務本部長兼米アップル社人事担当ディレクターを経て、39歳で独立。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て、合同会社THS経営組織研究所を設立。元立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授。慶應義塾大学大学院理工学研究科特任教授。 著書に、『起業家のように企業で働く』、『リーダーシップ3.0』などがある。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる