TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 脳科学に基づく「読書法」で、アウトプットの仕組みを作る。/『死ぬほど読めて忘れない 高速読書』

2020/10/07

1/1ページ

第126回

脳科学に基づく「読書法」で、アウトプットの仕組みを作る。/『死ぬほど読めて忘れない 高速読書』

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • アスコム 編集長 小林 英史氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『死ぬほど読めて忘れない 高速読書』
本書の編集を手掛けられた、アスコムの小林英史氏に見どころを伺いました。

 

 

「高速読書」とは、1冊の本を30分で3回読むという読書法です。速く読むだけではありません。読んだ本の内容が記憶に定着し、アウトプットできるようになります。

 

「高速読書」の生みの親、上岡正明さんは1975年生まれ。27歳でマーケティングのコンサルティング会社を設立して軌道にのせ、事業を拡大する一方、投資家としても成功した、絵に描いたようなビジネスリーダーです。

 

けれど、上岡さんは、
「もともと私は落ちこぼれでした」
と、自身の体験を本の中で語っています。そして、現在の成功のすべてを「『高速読書』によって手に入れることができた」と...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 小林 英史氏

    アスコム 編集長

    慶應義塾大学を卒業後、PHP研究所に入所。政治経済書やビジネス書、教養新書などの編集に携わる。その後、アスコムで健康実用書、自己啓発書など、さまざまなジャンルの書籍を担当。主な担当作品は『田原総一朗責任編集 オフレコ!』『「孤独」が一流の男をつくる』『聞くだけで自律神経が整うCDブック』『医者が考案した長生きみそ汁』など。