TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 組織がおかしくなるのは、「人」を見ていないから/『これからの生き方。』

2020/09/14

1/1ページ

第123回

組織がおかしくなるのは、「人」を見ていないから/『これからの生き方。』

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社世界文化社 企画編集部 課長 大森春樹氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『これからの生き方。』
本書の編集を手掛けられた、世界文化社の大森春樹氏に見どころを伺いました。

 

 

「今月いっぱいで会社を辞めます」

 

突然部下からこんなふうに切り出された経験はないだろうか?

 

一瞬、たくさんの「???」が頭をよぎったかもしれないし、「やっぱりか」と思ったのかもしれない。若い人材の定着はどの企業にとっても切実な課題と言える。

 

ではなぜ若者は、いや手塩にかけた社員は突然辞めてしまうのか?

 

8月に刊行した北野唯我氏の新刊『これからの生き方。』は、書名からはピンとこないかもしれないがビジネス書であり、自己啓発に括られる本でもある。反響も大きく、おかげさまで刊行後まもなく増刷もし...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 大森春樹氏

    株式会社世界文化社 企画編集部 課長

    同朋舎出版で営業・宣伝、書籍編集を学び、ネコ・パブリッシングで雑誌・ムックの編集を学んだのち、ランダムハウス講談社(後に武田ランダムハウスジャパン)、角川マガジンズ(後にKADOKAWA)、実業之日本社と渡り歩き、2018年、世界文化社に入社。幸せな版元人生を送る。担当した企画は『ライブ!』(金子達仁)、『日本代表SPIRITS』(ムック)、『残像』(乙武洋匡)、『幸福論』(須藤元気)、『世界動物大図鑑』(日高敏隆監修)、『不都合な真実』(アル・ゴア)、『九州少年』(甲斐よしひろ)、『人生で一度はやってみたいアメリカ横断の旅』(吉田ちか)、『サロン・デュ・ショコラ・オフィシャルムック』ほか。