TOP イマ、ココ、注目社長! 育児メディア『Babily』と中国向けデジタルマーケティング支援で、日中の経済発展と国際平和に貢献したい。

2020/07/29

1/1ページ

第103回

育児メディア『Babily』と中国向けデジタルマーケティング支援で、日中の経済発展と国際平和に貢献したい。

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • Onedot株式会社 代表取締役CEO 鳥巣 知得氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

Onedot株式会社(創業2016年は、中国で最大級の育児メディア「Babily(中国名:贝贝粒)」を展開する一方でデジタル大国中国でビジネスを展開する最先端の知見を活かし中国市場での成功をめざす企業支援する会社です。「家族生活、子育てというミッションに集中してやっていくことによって、(日中両国の)経済発展や国際平和に貢献する」と営者としての自身の役割を語る鳥巣知得 代表取締役CEOのインタビューをお届けします。 

 

(聞き手/井上和幸)

 

 

中国での現地調査の果たすべき役割を確信。 

――鳥巣さんは東大法学部在学中にすでに起業をされていらっしゃったのですよね?  

 

鳥巣 社会に貢献したいと思って政治家や官僚道を目指していたのですが教養課程いろいろなことを勉強したことや、ビジネスイベントを主催する学生サークルをいくつか経験するうちに事業ビジネスの世界でも社会貢献は可能だとわかり、ビジネスの世界を志すようになりました。 

そんなわけで大学生としては大変に不真面目で授業もあまりず、先輩の会社を手伝ったりサークルに行ったり、起業の真似事をしてたところ、先輩が経営している会社から、こういう仕事があるので自分たちやってないかとお声掛けいただき、それを機に法人化し――というのが当時の起業のきっかけです 

 

――ちなみに具体的にどのようなビジネスだったのですか。 

 

鳥巣 中小企業向け個人情報保護のためのセキュリティソリューションつくったり、コンサルティングをする会社でした。 

 

――学生起業としては難易度、レベルの非常に高い領域テーマの会社だったのですね!卒業後もやっていらっしゃったのでしょうか。 

 

鳥...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 鳥巣 知得氏

    Onedot株式会社 代表取締役CEO

    東京大学法学部在学中の起業、ナップスタージャパン株式会社にて経営戦略部長を経て、ボストン・コンサルティンググループにてプリンシパルとしてインターネット領域を中心に新規事業開発やグローバル戦略に多数従事。BCG Digital Ventures東京オフィスの立ち上げを行い、大手企業と共同でデジタル領域での新規事業創造に従事。 2017年よりユニ・チャームとBCG Digital Venturesの共同プロジェクトを経て設立されたワンドット株式会社の代表取締役CEO及び上海万粒网络科技有限公司の董事長CEOに就任し、2社を通して中国での育児メディア「Babily」事業及び、中国デジタル戦略・マーケティング支援事業に取り組む。