TOP イマ、ココ、注目社長! 自らも4人の子供を持つ起業家、おもちゃのサブスク『トイサブ!』で幸せな親子時間を増やしたい。【前編】

2020/07/22

1/1ページ

第101回

自らも4人の子供を持つ起業家、おもちゃのサブスク『トイサブ!』で幸せな親子時間を増やしたい。【前編】

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社トラーナ 代表取締役社長 志田 典道氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

子供にぴったりの良いおもちゃを与えるのは難しいものです。それぞれ好み違いますし、仮に気に入っても成長すればすぐに飽きてしまいます。かといって、良い知育おもちゃは値段も張るので、何でも買うわけにもいきません。そんな親の悩みを解決したのが、株式会社トラーナが提供するトイサブ!』です。 

 

『トイサブ!』は、専門家が選んだおもちゃの中から、その子供の月齢(03歳児向け)や好みに合わせて隔月で6個のおもちゃが届き、気に入ったものについては、返却期限や延滞料金もなくレンタルし続けることができるサービスです。そのためユーザーの満足度も高く、継続率も97%という驚異的な水準を誇っています。 

 

ご自身も4人のお子さんを育てていらっしゃる創業者の志田典道社長に起業の経緯や事業に対する思いなどをうかがいました。 

 

(聞き手/井上和幸)

 

志田社長は1983年生まれ。明治大学法学部に進学後、しばらくは法律の勉強に勤しんでいましたが、ビジネスコンテストを主催するインカレサークル「WAAV」に参加したことでビジネスの面白さに目覚め、在学中に同サークルで知り合った友人と株式会社デコラボ(Web・紙媒体の開発と制作)を創業します。(ちなみに、同サークルは多くの経営者を輩出しているそうです)。 

 

月商は多いときで2300万円くらい。卒業後もそのまま続ける道もありましたが、志田さんは事業を譲渡して就職することを選びます。 

 

新卒で入ったのはトレンドマイクロ社。同社でエンジニアを2年半ほど経験した後、中磊電子股份有限公司の日本法人立ち上げに参画プロダクトマネージャとしてハードウェアOEM/ODMのマーケット開拓、プロジェクト管理を担当されました 

 

そこからF5ネットワークスジャパン(US企業)Optiva(カナダ企業)、AdRoll(US企業)などを経て、2015年、32のときに株式会社トラーナを設立ています 

起業した理由は、学生時代の楽しかった起業経験をふりかえり、「またやりたいとの思いがずっと胸にあった」こと、また各社でさまざまなキャリアを積んでいくうちに、「外資系キャリアの天井が見えてしまった...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 志田 典道氏

    株式会社トラーナ 代表取締役社長

    1983年生まれ、東京都出身。4児の父。 明治大学法学部法律学科卒業。大学時代に友人とメディア制作事業で学生起業し事業を譲渡。その後トレンドマイクロでエンジニアを経験後、中磊電子股份有限公司の日本法人立ち上げに参画。プロダクトマネージャとしてIPネットワーク製品部門の立ち上げ、ハードウェアOEM/ODMのプロダクト開発、マーケット開拓、プロジェクト管理を担当。その後Optiva(カナダ企業)、AdRoll(US企業)等でアカウントマネージャ、エンジニア職を経てトラーナを創業。