TOP 敏腕キャピタリストの着眼点 投資先を決めるポイントは自らの「課題」に合致しているかどうか 【前編】

2020/06/25

1/1ページ

敏腕キャピタリストの着眼点

第10回

投資先を決めるポイントは自らの「課題」に合致しているかどうか 【前編】

  • 組織
  • 経営

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >>

 

 

今回の登場者は、ベンチャーキャピタル会社、STRIVE(ストライブ)の代表パートナーをつとめる堤達生さんですSTRIVEは「努力する、励む、闘う」という意味の英語であり、その言葉に象徴されるように、同社はベンチャー企業に資金を提供するだけではなく、「同じ船に乗るパートナーとして、自分たち自身も汗をかく究極のハンズオン・ベンチャーキャピタル」を目指しています 

 

堤さんは高校の頃は演劇に熱中、多数のオーディションを受け、男優の登竜門「ジュノン・スーパーボーイ」にもノミネートされるほどの演劇少年でした。大学時代にベンチャーキャピタリストという仕事の存在を知り一転、今度はそれに恋い焦がれます 

 大学卒業後は銀行系コンサルティング会社、独立系ベンチャーキャピタル会社を経てサイバーエージェント、リクルートGREE(グリー)において、いずれもベンチャーキャピタル事業の立ち上げを担いながら、自らも新規事業の創発に取り組むという経歴を歩んできました。 

 

現在は事業経験豊富なうえに、自らもSTRIVEを立ち上げて経営するという異色のベンチャーキャピタリストとして注目されていますそんな堤さんに、これまでの経験を通じたキャリアの話、投資を決める際のポイントを伺いました。 

本インタビューはzoomにて行いました。 通常の写真と異なりますことご了承ください。

井上 まず最初に、そもそもベンチャーキャピタリストという仕事を目指したきっかけからお伺いできればと思います

 

 

堤 大学時代のことです。あるベンチャーキャピタリストの人を招いた勉強会が学内でって、たまたま参加して話を聞いたら目から鱗でした。世の中にこんなに面白い仕事があるんだと初めてその存在をました。自分もぜひやってみたいと。21歳の時でした。 

その人に聞いたら、新卒ではすぐになれない。若い時にいろいろな経験を積んでおいたほうがいい」というので、それならコンサルティングの仕事がいいだろう、と思い、卒業後三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に就職しました。 

 

そこには3年半ほど在籍したのですが、最初の1年は銀行に出向していたので、コンサルをやったのは2年半くらいです。その後、グローバルブレインという、できたばかりの独立系ベンチャーキャピタル会社に移り、ベンチャー...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 堤 達生氏

    堤 達生氏

    STRIVE株式会社 代表パートナー

    大学院卒業後、三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、グローバルブレイン株式会社を経て、株式会社サイバーエージェント及び株式会社リクルート、グリー株式会社にて、新規事業開発及びコーポレートベンチャーキャピタルの設立と運用に従事。その後、新たにベンチャーキャピタルファンドSTRIVEを創業して、代表パートナーに就任。現在、総額240億円の資金を運用中。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる