TOP 敏腕キャピタリストの着眼点 投資先を決めるポイントは自らの「課題」に合致しているかどうか 【前編】

2020/06/25

1/1ページ

第10回

投資先を決めるポイントは自らの「課題」に合致しているかどうか 【前編】

  • 敏腕キャピタリストの着眼点
  • 組織
  • 経営
  • STRIVE株式会社 代表パートナー 堤 達生氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >>

 

 

今回の登場者は、ベンチャーキャピタル会社、STRIVE(ストライブ)の代表パートナーをつとめる堤達生さんですSTRIVEは「努力する、励む、闘う」という意味の英語であり、その言葉に象徴されるように、同社はベンチャー企業に資金を提供するだけではなく、「同じ船に乗るパートナーとして、自分たち自身も汗をかく究極のハンズオン・ベンチャーキャピタル」を目指しています 

 

堤さんは高校の頃は演劇に熱中、多数のオーディションを受け、男優の登竜門「ジュノン・スーパーボーイ」にもノミ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 堤 達生氏

    STRIVE株式会社 代表パートナー

    大学院卒業後、三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、グローバルブレイン株式会社を経て、株式会社サイバーエージェント及び株式会社リクルート、グリー株式会社にて、新規事業開発及びコーポレートベンチャーキャピタルの設立と運用に従事。その後、新たにベンチャーキャピタルファンドSTRIVEを創業して、代表パートナーに就任。現在、総額240億円の資金を運用中。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。