TOP 売れる営業パーソンはどのようにして育つのか? 営業パーソン各自の課題は、職場と連携したオンライン研修だから解決できる。(1/5)

2019/10/22

4/4ページ

第1回

営業パーソン各自の課題は、職場と連携したオンライン研修だから解決できる。(1/5)

  • 売れる営業パーソンはどのようにして育つのか?
  • キャリア・働き方
  • スペシャル対談
  • エマメイコーポレーション代表取締役 大塚寿氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

井上 今回のテーマにこじつけるわけではないのですが、リクルート出身者の多くが起業や活躍をしている理由の一つには、そういうところもあるような気がするんです。つまり、賢い人で、事業や企画ができる人が、営業でも鍛えられていて、その強さを持っている。

 

よくある失敗のパターンとしては、ビジネスの着想が良い、面白い企画ができる人が起業をしても、営業力がないためにそれを売っていく力がないことです。やはり本当に売り切っていく力がないと、事業というのは大きくならない。その視点が欠けている人が意外と多いと思います。

 

大塚 それは本当にもったいないですよね。ヘンな話ですが、《企画力が100点で営業力が30点の人》よりも、《企画80点で営業力80点の人》の方が確実に成功できる。それは言い過ぎかもしれませんが、売る力は絶対に必要です。

 

天才的な人なら……、例えば、脚本家の三谷幸喜さんくらいの、突き抜けた才能の持ち主なら、作品さえあれば営業力は必要ないかもしれません。しかし、秀才レベルの才能ならば、営業力は必要です。

 

それに、営業力というのは、後で身に付けることができます。何なら、借りてくることもできるし、頼むこともできる。だから、営業力を上手く借りてきて、自分の仕事と結び付けられるかどうかは、その後の人生の分かれ道になると思いますね。

 

 

(つづく)

(構成・文/津田秀晴)

 

 

在宅でも部下の営業力が上がる「営業サプリ」。
無料で資料ダウンロード>

 

1

2

3

4

プロフィール

  • 大塚寿氏

    エマメイコーポレーション代表取締役

    1962年、群馬県生まれ。 株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)MBAを取得。 現在、オーダーメイド型企業研修、および法人営業コンサルティングを展開する、エマメイコーポレーション代表取締役。 著書に『“惜しい部下”を動かす方法 ベスト30』(KADOKAWA)、累計28万部の『40代を後悔しない50のリスト』『30代を後悔しない50のリスト』『結婚を後悔しない50のリスト』(ダイヤモンド社)など多数。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。