TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 派閥争いに疲れたときに効く禅語

2019/10/08

1/1ページ

第59回

派閥争いに疲れたときに効く禅語

  • 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語
  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

根回し、社内政治、派閥争い…特に大企業では、避けて通るのは難しいこれらの問題にどう向き合うべきかのヒントが、この「不識」です。知らなくていい、知る必要もないという意味の禅語です。
所詮は一時限りの風向き、いつか風がやむときが来ます。それまではただひたすらに自分がやるべき仕事、与えられた職務に精一杯打ち込んでいれば、それでいいのです。

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

KEIEISHA TERRACEでは、本著者の島津清彦氏を講師にお迎えし、四半期に一度心を調え、経営のペースメイクいただく場として『マインドフルネス・禅』実践塾 第二期を開催いたします。(詳細はこちらからご覧ください)

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年に経営者JPに入社。