TOP 【私が経営者になった日】野水重明氏 スタートは社員の声を聞くことから(3/5)

2019/10/28

1/1ページ

第3回

スタートは社員の声を聞くことから(3/5)

  • 私が経営者になった日
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 経営者
  • ツインバード工業株式会社 代表取締役社長 野水重明氏

 

●社員300人の匿名アンケートを実施。

社長になるにあたり、野水氏が最初にしたことは、社員を理解するための社員300人の匿名アンケートだった。

 

「当時の副社長からも、お前は実力があって社長になったわけではないから勘違いするなと釘を刺されました。“なんだ、社長の息子か”としか思われていないのだから、まずは社員さんを理解していくことが大事だと思ったのです。」

 

会社の現状に対して率直な答えが次々と集まったが、その中でもショックを受けたもの、思いもかけなかったということは何だったのだろうか。

 

「『自社製品に自信が持てない』というコメントです。製造会社の社員が誇りを持って「ど...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 野水重明氏

    ツインバード工業株式会社 代表取締役社長

    1965年新潟県生まれ。大学卒業後、当社入社。入社後、大手都市銀行へ3年間の出向。 1993年長岡技術科学大学大学院に入学し、工学研究科情報制御工学を専攻し博士号を取得する。 その後、当社香港事務所駐在、帰国後、取締役営業本部副本部長、経営企画室長などを歴任し、2010年専務取締役、翌年に代表取締役社長に就任。 代表取締役社長就任後は、『燕三条発 プレミアム家電メーカー』としてお客様のお声に寄り添い、圧倒的な技術力とデザイン力で、オリジナリティ溢れる差別化された商品を日本だけでなく、世界へ発信する。