TOP 世界の社長から “状況を変える。それが無理なら、 受け取り方を変える。 ”

2019/09/06

1/1ページ

第121回

“状況を変える。それが無理なら、 受け取り方を変える。 ”

  • 世界の社長から
  • イノベーション
  • 経営
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

スペンサー・ジョンソン(心理学者,ベストセラー作家)

 

日々の経営に活かせるヒントとして、世界中で活躍する経営者や偉人の名言をご紹介。

 

今回は、スペンサー・ジョンソン氏の一言。

 

数々の企業の社長やアスリートをはじめ、世界で2800万人に読み継がれた名著、
『チーズはどこへ消えた?』の作者である。

 

ジョンソン氏は、

 

「谷(逆境)を山(順境)に変えるには、
出来事を変えるか、受け取り方を変えなければならない。
状況を変えることができれば、言うことはない。
だが、状況を変えることはできなくても、
受け取り方を変えて自分にプラスにすることはできる」

 

とも語っている。

 

 

(出典:スペンサー・ジョンソン『頂きはどこにある?』扶桑社、2009年)

 

 

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年に経営者JPに入社。