TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 実用化目前! 精度9割の「線虫がん検査」を実現させた研究者兼経営者

2019/09/02

1/1ページ

第62回

実用化目前! 精度9割の「線虫がん検査」を実現させた研究者兼経営者

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 光文社 新書編集部 副編集長 草薙麻友子氏

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『がん検診は、線虫のしごと』。
本書の編集を手掛けられた、光文社の草薙麻友子氏に見どころを伺いました。

 

 

「線虫ががん患者の尿を高い精度で嗅ぎ分ける」
「線虫の嗅覚を活用した、がん検査が実用化」

 

経営者の方々は、健康管理には人一倍気を配っておられる方が多いと思います。ですから、すでに、このようなニュースをお聞きになった方もいるかもしれません。

 

とはいえ、それがどのくらいの意味をもつニュースかと言えば、よくある「○○大学研究チームが××を発見。◇年後には実用化を目指す」という、湧いては消えていく医療ニュースの1つとしか感じられないかもしれません。

 

が、このニュースに関しては違います。来年、つまり2020年には実用...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 草薙麻友子氏

    光文社 新書編集部 副編集長

    週刊誌の編集を経て、2002年より新書編集部で新書の編集を担当。近日刊の担当書に『「マニュアル」をナメるな!――職場のミスの本当の原因』『死に至る病――あなたを蝕む愛着障害の脅威』(ともに光文社新書、9月中旬発売)がある。