TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 組織変革とは“組織という名のモンスター”に立ち向かうこと

2019/07/31

1/1ページ

第57回

組織変革とは“組織という名のモンスター”に立ち向かうこと

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社リブ・コンサルティング 常務取締役 兼 CHRO 権田和士氏

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『モンスター組織 停滞・混沌・沈没…8つの復活ストーリー』。
本書の監修を手掛けられた、株式会社リブ・コンサルティングの権田和士氏に見どころを伺いました。

 

 

「組織で生じる様々な問題に特定の戦犯はいない」。

 

数百社という人事組織を見てきた者として、そう実感しています。

 

経営者の皆さんであれば、日常的に耳にするであろう組織の問題の多くは、「組織」という実態のないものを擬人化し悪者にした不平不満ではないでしょうか。

 

例えば、
「本社は何もサポートしてくれない」
「あの支社は全く言うことを聞かない」
「営業部は我儘ばかり言う」
「開発部はちっとも融通が利かない」  …等々。

 

まるで「本社」や「支社」、「営業部」や「開発部」が人格を成している...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 権田和士氏

    株式会社リブ・コンサルティング 常務取締役 兼 CHRO

    米国ミシガン大学にてMBAを取得 各種業界の経営戦略、マーケティング・セールス、組織開発のコンサルティングに従事。 リブ・コンサルティング社内では、新規事業部門および人事部門の担当役員。 近年出版された書籍『アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書』、『おもてなし幻想 デジタル時代の顧客満足と収益の関係』 、『隠れたキーマンを探せ! データが解明した最新B2B営業法』の監修を務める。