TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 1日5万本売れる高級「生」食パンは、どのように生まれたのか?

2019/10/02

1/1ページ

第66回

1日5万本売れる高級「生」食パンは、どのように生まれたのか?

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社KADOKAWA ビジネス・生活文化局 ビジネス部 ビジネス編集課 松原まり氏

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『奇跡のパン』。
編集を手掛けられたKADOKAWAの松原まり氏に、本書の見どころを伺いました。

 

 

2017年、SNSで知った「乃が美」のパン。聞き慣れない「生」食パンという言葉と、1本800円という高級さが、まず印象に残った。

 

さらに、私が乃が美を知った当時、SNSでの人気ぶりに加え、全国各地に出店し、すでに1日数万本が売れているにもかかわらず、東京には店舗がないというのも驚きだった(2018年冬に東京初の店舗、麻布十番店を出店、今も行列ができる)。

 

創業社長の阪上氏に大阪でお話を伺うと、さらなる驚きが待っていた。
阪上氏は、片っ端から、飲食業界、あるいはパンの常識というものを破っていたのだ。

 

まず、阪...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 松原まり氏

    株式会社KADOKAWA ビジネス・生活文化局 ビジネス部 ビジネス編集課

    2008年、PHP研究所入社。『トヨタが現場でずっと繰り返してきた言葉』(桑原晃弥)、『東大卒プロゲーマー』(ときど)、『死んだらおしまい、ではなかった』(大島祥明)など、ジャンルを問わず新書や単行本を編集。2017年よりKADOKAWAで書籍編集。『じゃ、また世界のどこかで。』(近藤大真)、『モチベーションを劇的に引き出す究極のメンタルコーチ術』(鈴木颯人)、『モチベーション・ドリブン』(小笹芳央)などを担当。