TOP ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術 最速で課題を解決する 逆算思考

2019/07/04

1/2ページ

第37回

最速で課題を解決する 逆算思考

  • ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術
  • ビジネススキル
  • キャリア・働き方
  • 株式会社中尾マネジメント研究所(NMI)代表取締役社長 兼 株式会社旅工房取締役 中尾隆一郎氏

 

「最速で課題を解決する 逆算思考」を、実現できる3つの考え方とは。

2019年1月から仕事の仕方を変えました。具体的には、1つの会社のために働くのではなく、複数の組織やプロジェクト単位で仕事をするようにしたのです。
 
私が29年間在籍したリクルートは、条件を満たせば副業OKでした。
 
ですので、2年前から旅工房の社外取締役をし、Business Insider Japanや日経Styleで記事を執筆していましたが、あくまでも副業でした。
 
しかし、リンダグラットンさんのライフシフトを読み、人生100年時代になり、定年後も働き続けることを考えると、1つの会社に依存するのはリスクに感じたのです。

ちょうど、当時働いていた会社での仕事が一段落したので、半期が終わる2月で退任する契約にしました。この瞬間3月以降の仕事、収入は旅工房の社外取締役だけになります。株主総会がある6月以降、収入がゼロになるかもしれないと、かなり、いや相当不安であったのを覚えています。

 

ところが、捨てる神あれば拾う神ありです。友人や友人の友人など何社かの経営者からプロジェクトベースで手伝ってほしいという相談が来たのです。持つべきものは友人です。本当に感謝です。

 

しかし、相談内容が多種多様だったのです。一例を挙げると、経営会議をレベルアップさせたい。新規事業を一気に拡大したい。買収した会社の経営をサポートしてほしい。人事制度を見直したい。インセンティブ設計をしたい。素晴らしい新製品を輸入するので、その拡販策を考えてほしい。官公庁の数値管理の仕組みをレベルアップさせたい。などです。

 

また2018年6月に執筆した「最高の結果を出すKPIマネジメント」(フォレスト出版)の内容に興味を持った企業から講演などの声がかかり、KPI作成支援の依頼もくるようになりました。

 

私自身が過去経験したテーマもあれば、まったくの門外漢のテーマもあります。しかも、経験したテーマといっても私自身が1回か2回経験したことがあることから、かなり専門性が高いものまで、これもさまざまなのです。ところが、自分自身でも驚いたのですが、何とかかんとか役に立つことが多いのです。

 

なぜ私が、さまざまなテーマで役に立てるのか?

 

それはリクルートグループ29年間で会社経営、事業経営、事業監査、事業開発、事業企画、研究、調査、技術、営業などさまざまな職種を、そしてIT、不動産、採用・育成などいろいろな業界を経験してきたのが大きな理由です。異動が多く、過去の経験がそのまま使えない仕事を何度も経験する機会があったからです。

 

ここに、さまざまなテーマで役立てる秘密がありました。

 

つまり、初めてのテーマに対して、どのように取組めばよいのかという仕事の「勘所」が分かっていたからなのです。そして、この勘所こそ、今回この「最速で課題を解決する 逆算思考」で紹介した3つの考え方です。この3つの考え方は、私だからできる話ではありません。再現性、つまり知っていれば実現できる話なのです。

 

実際、リクルート時代含め一緒に働いているメンバーに、この3つの考え方を伝えると、彼ら、彼女らの仕事の仕方が劇的に変わるのです。もちろん、既に仕事ができる人にとっては、本当に当たり前の話にすぎません。意識、無意識に関わらず、既に実践している話です。

 

ところが、この3つのポイントを、言語化しているケースが少ないのです。実際、言葉として伝え、それを理解し実行すると仕事の成果が上がるのです。つまり、知っているか知らないかで、仕事の成果に大きな差が出るのがこの3つの考えなのです。

 

この3つの考え方について、少し補足説明をします。

 

1つ目は、この本のタイトルにした「Goal Driven」するということです。まず、最高の状態=Goalを考える。そして、その後、そこにどうやってたどり着くのかを考えるのです。つまりGoalから逆算して考えるのです。

 

Goalといっても最高の状態です。Google社がいうMoon Shootというやつです。月というGoalに向かって打つような仕事のことです。×20、つまり20倍の仕事ということです。またGoal自体が月に向かって打つようなレベルではない。具体的には、やる意味がないGoalであれば、その仕事自体を止めるという判断も有効です。

 

1

2

プロフィール

  • 中尾隆一郎氏

    株式会社中尾マネジメント研究所(NMI)代表取締役社長 兼 株式会社旅工房取締役

    リクルートに29年間勤務。リクルートテクノロジーズ代表取締役社長、リクルート住まいカンパニー執行役員、リクルートワークス研究所副所長を歴任。 2019年3月株式会社中尾マネジメント研究所を設立。世の中に役立つサービスを提供×大きな成長を志向×中尾が関与することでその実現度合いが高まるテーマ(主に経営マネジメント強化)×経営者と直接仕事をする案件に絞ってビジネスをスタート。 専門は事業執行、マネジメント全般、事業開発、マーケティング、人材採用、組織創り、KPIマネジメント、管理会計など。良い組織づくりの勉強会(TTPS勉強会)主催。 著書 『最高の結果を出すKPIマネジメント』(フォレスト出版)8刷。『「数字で考える」は武器になる』(かんき出版)3刷、『最高の成果を生み出すビジネススキル・プリンシプル』(フォレスト出版)、『転職できる営業マンには理由がある!(共著)』(東洋経済新報社)、『リクルートが教える営業マン進化術(共著)』(全日出版)。ビジネスインサイダージャパンで毎月マネジメントについて執筆中。 1964年5月15日生まれ。大阪府出身。 1987年大阪大学工学部卒業。89年同大学大学院修士課程修了。 2019年エッセンシャルマネジメント・スクール(EMS:0期生)修了。