TOP スペシャルコラムドラッカー再論 トップマネジメントと経営企画セクションの関係性。

2019/07/01

1/1ページ

第177回

トップマネジメントと経営企画セクションの関係性。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

相応の企業規模になると、どの企業にも経営企画に関する部署が設けられる。(ドラッカーは『マネジメント』の中で「セクレタリアート(企画部)」と呼んでいる。)
トップマネジメントと経営企画セクションとの関係性は、いかなるものか。いかにあるべきか。

 

「人の頭脳は、取り入れた酸素とエネルギー源の半分を消費する。五感はすべて頭脳のために働き、頭脳に刺激を送る。つまるところ、人の体とは頭脳に栄養を送り、刺激とエネルギーを供給するためのものである。社会的な人間組織を生物にたとえることはできない。ましてや柔軟性、正確性、経済性の極地ともいうべき驚異の人体にたとえること...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。