TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 「売上を高め、利益率を改善しよう」が、会社を停滞させる

2019/03/13

1/1ページ

第29回

「売上を高め、利益率を改善しよう」が、会社を停滞させる

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 書籍編集部 林拓馬氏

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『「ハカる」力—プロフェッショナルをめざす人のための新ビジネス基礎力養成講座』。
編集を手掛けられたディスカヴァー・トゥエンティワンの林拓馬氏に、本書の見どころを伺いました。

 

 

「売上を高め、利益率を改善しよう」。

 

この言葉は正論です。しかし、職場でこのような言葉を聞いたら、「ん?」と違和感を抱くと思います。あまりにも漠然としており、具体的な目標や行動指針に落とし込むことができないからです。
たとえば、数字を使い「売上を昨対比で20%、利益率を10%アップしよう」と定量的な表現をすることが、ビジネスパーソンには求められると思います。

 

しかし、注意をしていないと、私たちは曖昧な言葉を使いながら、仕事を進めてしまいがちです。
たとえば、「顧客とのリレーションが効く」、「この分野では敵が強い」、「流通を押さ...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 林拓馬氏

    株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 書籍編集部

    1989年、富山県南砺市生まれ。2012年、東京大学文学部思想文化学科卒。 同年、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンに入社。東北、北陸、関東の書店営業を行う。営業をしながら小説新人賞を企画し、入社3年目にフィクション部門を立ち上げる。2016年より書籍編集部に所属。主にビジネス書と小説を編集している。2019年4月、ウェブメディア、ハフポスト日本版と共に新レーベル「ハフポストブックス」を創刊予定。主な担当作に『最高のコーチは教えない』『複業の教科書』『滔々と紅』『はるなつふゆと七福神』など。