TOP 世界の社長から “つまらない仕事でも、芸術家が仕上げれば芸術品になる。”

2019/01/18

1/1ページ

第55回

“つまらない仕事でも、芸術家が仕上げれば芸術品になる。”

  • 世界の社長から
  • イノベーション
  • 経営
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

マイケル・E・ガーバー(E-Myth Worldwide社創業者)

 

日々の経営に活かせるヒントとして、世界中で活躍する経営者や偉人の名言をご紹介。

 

今回は、マイケル・E・ガーバー氏の一言。

 

米コンサルティング会社、E-Myth Worldwideの創設者であり、
「スモールビジネスの権威」とも称される人物である。

 

ガーバー氏は、

 

仕事が粗雑な人間は内面も粗雑である。
退屈そうに仕事をしている人間は、仕事に退屈しているのではなく
自分自身に退屈しているのだ。

 

とも語っている。
仕事とは、まさに彼が言う通り「人間の心を映し出す鏡」なのだ。

 

 

(出典:マイケル・E・ガーバー『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』世界文化社、2003年)

 

 

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1995年千葉生まれ。筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年4月に新卒として経営者JPに入社。