TOP ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術 50歳は「人生の正午」。新たな自分と出会う可能性を誰もが持っている

2018/12/20

1/2ページ

第19回

50歳は「人生の正午」。新たな自分と出会う可能性を誰もが持っている

  • ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術
  • ビジネススキル
  • キャリア・働き方
  • ライフシフト・ジャパン代表取締役CEO 大野誠一氏
  • ライフシフト・ジャパン取締役 豊田義博氏
  • ライフシフト・ジャパン執行役員 河野純子氏

早いうちから用意周到に第二の人生を考えていなくても、50歳という人生の正午に、あるいはそれ以降に、大きくライフシフトすることができる。

「人生の正午」という言葉、見聞きしたことがあるのではないでしょうか。
心理学者であるユングが残した有名な言葉です。
 
ユングは、人の人生を、日の出から日の入りまでの時間に例えました。
また、その時間を、少年、成人前期、中年、老人という4つのステージに分け、ステージとステージの間には、転換期という「危機」があると指摘しました。
 
少年から成人になるには、あるいは、中年から老人になるには、それまでのものの考え方や行動を大きく変える必要がある、しかし、人は簡単にはそのように変化することはできない、と指摘したのです。

そして、人生の午前と午後の境目である中年への転換期、つまり「人生の正午」こそが、人生最大の危機であると考えたのです。

 

ユングは、その年齢を40歳前後と定めていましたが、現代にユングが生きていたとしたら、彼は、人生の正午を50歳と定めたことでしょう。人生100年時代を迎えた今、人生の折り返し地点は50歳です。

 

しかし、人生最大の危機である正午は50歳前後で訪れているけれど、それを自覚しながらも、今までと同じようなものの考え方や仕事の仕方を続け、定年間近になって急に不安に駆られて、大慌てをしている人が多いというのが、今の日本の実情でしょう。最近の「定年本ブーム」は、そんな状況を映しているように見えます。みんなが、60歳以降をどう生きたらいいのか、迷いに迷っています。長く生きること、長く働くことに、困り果てています。

 

■自分の人生の「主人公」になる

では、この本に登場している22人のライフシフターはどうなのか、早いうちから用意周到に第二の人生を考えていたのか、大きな転身に向けての準備をしていたのか、というと、決してそうではありません。ライフシフトしている、といっても、以前と同じ会社にいる人も、同じ仕事をしている人もいます。ライフシフトという言葉から、働く場所や働き方の転換を想起する人たちには、一部はライフシフターに見えないかもしれません。しかし、22人の誰もが、50歳という人生の正午に、あるいはそれ以降に、大きな変化を遂げています。

 

全員が、自分の人生の「主人公」になっているのです。自身が生きていくうえで大切にすべき価値軸に気付き、オーナーシップをもってワクワクしながら生きています。そう、ライフシフトとは、生き方の抜本的な変化です。転職、起業のような外形的な変化のことではないのです。

 

しかし、全員が50歳まではワクワクしながら生きてはいませんでした。誰もが、日本の会社で、会社の意を受けて、会社のために働いてきた典型的な会社員でした。

 

人は誰しも、自分の人生の主人公であるはずです。自分の意志や展望を持ち、生きていくという権利を持っています。どのような学校に進み、何を学び、どんな仕事をするかを決めるのは自分自身です。もちろん全てが希望通りになるわけではありません。第一志望の大学に進めなかったり、行きたかった会社に入れなかったり、というようなことは誰しもが経験することです。しかし、このよう状況になったとしても、そのうえで、どのような道に進むかは、自分で決めることができます。

 

しかし、日本型雇用システムの会社に入ると、その様相は変わります。次に何をするかは、自分ではなく会社が決めることになるのです。一人一人の可能性を最大限に引き出し、能力開発を促すために、さまざまな経験機会を提供する、というような人事方針のもとに、キャリアの選択権を会社が握るのです。

 

仕事ができる人なら希望が通るかといえば、そうでもありません。仕事ができる人は、その部門からなかなか外に出ることができません。優秀であるがゆえに囲い込まれてしまいます。

 

 

1

2

プロフィール

  • 大野誠一氏

    ライフシフト・ジャパン代表取締役CEO

    リクルートにて『ガテン』『アントレ』を創刊すると共に、『とらばーゆ』『ダ・ヴィンチ』の編集長を歴任後、パナソニック、ローソンHMVエンタテイメントで新規事業開発に取り組む。2017年、NPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤哲也と共にライフシフト・ジャパンを設立。ヴァイオリニスト葉加瀬太郎が音楽監督を務めるレーベル『HATS』の取締役社長を兼任。

  • 豊田義博氏

    ライフシフト・ジャパン取締役

    リクルート入社後、『就職ジャーナル』『リクルートブック』『Works』編集長を経て、リクルートワークス研究所主幹研究員。2017年、ライフシフト・ジャパン設立に参加、パラレルワーカーに。主な著書に『若手社員が育たない。』『就活エリートの迷走』(以上ちくま新書)、『「上司」不要論。』(東洋経済新報社)などがある。

  • 河野純子氏

    ライフシフト・ジャパン執行役員

    リクルートにて『とらばーゆ』編集長を務めたのち、住友商事に転身し、新規事業開発に取り組む。2017年にライフシフトし、海外留学を経て、2018年より慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科に在籍。同時にライフシフト・ジャパンに参加。個人事務所にて事業開発コンサルティング・プロデュース活動を展開する。