TOP 【私が経営者になった日】嵜本晋輔氏 「商売人」から「経営者」へと、主語が変わった。(1/4)

2018/11/30

1/2ページ

第1回

「商売人」から「経営者」へと、主語が変わった。(1/4)

  • 私が経営者になった日
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 株式会社SOU 代表取締役社長 嵜本晋輔氏 

 

嵜本氏が代表を務める、株式会社SOU。ブランド品などの買い取り事業やオークション事業などを展開し、設立から6年で売上高は300億円を突破、ブランドリユース業界を牽引する存在となっています。急成長する同社の、創業のきっかけを嵜本氏に伺いました。

 

●「社長」の役割とは何か、を今も自問する。

嵜本家の3兄弟で立ち上げた、「MKSコーポレーション」。そこでは、父から引き継いだリユース事業と、洋菓子の製造・販売業という異なる事業を行っていたという。どちらの事業も軌道に乗ってきた2011年、リユース事業を独立させ、まったく別の、新しい会社を立ち上げることとなった。

 

兄二人は、兄弟の中で当時その事業に最も深く関わっていた嵜本氏に、新会社の社長を託した。

 

「『お前が社長をやれよ。俺たちはMKSで洋菓子事業の方をもっと成長させるから』とリクエストされたのです。『え?私が社長やるの?』という感じでした。それまでは単なる営業、かつ鑑定士だったのに、急に社長になるみたいな感じで就任したのです。名ばかり社長ですね。経験もないし、仲間同士でやっているような20人規模の会社でしたので、組織と言えるほどの組織でもない。そういう中で、自分が社長という立場でいいのか、と思っていました。」

今も立場としては社長をやっているけれど、正直社長業とは一体何なのか、というのはいつも気になる、と嵜本氏は言う。

 

「社長といっても、人によってそれぞれのスタンスと役割がありますよね。私はどちらかと言うと管理系ではなくて、ガンガン攻める系。ですので、もう今は新規事業しか考えてないですし、アイデアをどんどん出すことが私の強みだと思っています。それが『社長業』なのか、『社長の役割を担っていること』なのかどうかは、自分自身でもよくわかりません。」

 

 

1

2

プロフィール

  • 嵜本晋輔氏 

    株式会社SOU 代表取締役社長

    1982年、大阪府出身。関西大学入学と同時にJリーグ「ガンバ大阪」へ入団するが21歳で戦力外通告を受ける。22歳で引退後、兄二人と共に父の経営するリサイクルショップで経営のノウハウを学ぶ。2011年に独立し、株式会社SOUを設立、代表取締役社長に就任。2018年3月、東証マザーズへの株式上場を達成。ブランド買取専門店「なんぼや」、予約もできる買取専門店「BRAND CONCIER(ブランドコンシェル)」、BtoBオークション事業「STAR BUYERS AUCTION(スターバイヤーズオークション)」、BtoC販売事業「ALLU(アリュー)」、「BRAND RESALE SHOW ZIPANG(ブランドリセール ジパング)」、資産管理アプリ「miney(マイニー)」などを展開・運営している。

 他の記事を読む

【私が経営者になった日】嵜本晋輔氏