TOP セミナー・イベント 2024年大予測:どうなる?どうする?ミドル・シニアのキャリアと転職

受付終了

2024年大予測:どうなる?どうする?ミドル・シニアのキャリアと転職

  • 開催日:2024年2月6日(火)18:30-20:00
  • 開催地:zoomにて開催
  • 受講料:無料
  • 定員:50名
  • 主催:経営者JP
  • 講師:小杉 俊哉氏(合同会社THS経営組織研究所 代表社員)・黒田 真行氏(ルーセントドアーズ株式会社 代表取締役 )・井上和幸(株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO)

このような方におすすめ

・今後のキャリアをお考えのミドル、シニア各位
・具体的に転職をお考えのミドル、シニア各位
・2024年の人材関連トレンドを把握したい経営者各位
・2024年の人材活用・採用について考えたい経営者、人事責任者各位


 

コロナ禍の4年を経て、2023年の5月に5類へ移行したことで、転職市場にも変化が見えています。「人材」への投資を強化する企業が相次ぎ、ますますミドル・シニア層の人材獲得競争は激化している一方、企業の人を見る目は厳しくなっており、超・積極採用の中での「超・厳選採用」となっています。

 

そのような雇用・採用環境の中、今回は2023年を振り返りながら2024年を迎えるにあたり、ミドル・シニアのみなさまがおさえておくべき、キャリアと転職のトレンドに関して掘り下げていきます。

 

ゲストにお迎えするのは 、
キャリア自律、リーダーシップ論をご専門に大手企業からベンチャー企業、公共組織に至るまで研修、コンサルティング、社外取・顧問を務められているTHS経営組織研究所 代表の小杉俊哉氏と
リクナビネクスト編集長〜リクルートエージェントの事業開発に従事した後、35歳からの転職支援サービス「Career Release 40」や、ミドルシニア世代のためのキャリア相談特化型サービス「CanWill」などを運営する、ルーセントドアーズ代表の黒田真行氏です。

 

更に、『社長になる人の条件』著者でもあり、エグゼクティブサーチコンサルタントとして自ら数百名、チームとしては数千名の経営者採用・幹部採用の成功を手がけてきた、「経営者力診断」の開発責任者でもある経営者JP代表、井上も登壇。

 

業界プロフェッショナルであり識者である3名で鼎談いたします。

 

不確実性が高いこの時代、今後のミドル・シニア層のキャリアや転職がどうなっていくか、本音でクロストークいたします。

 

ご自身のキャリアや転職をお考えの幹部・リーダーの皆さま、
自社の幹部やリーダーのキャリアパスや活用をお考えの経営者・人事責任者の皆さま、ぜひ、ご参加ください!

 

※無料開催、先着50名限定

※お申込者全員に経営者力診断(簡易版)をプレゼントいたします!
お申込のタイミングによってはセミナー開催後のご案内となる
場合がございますのでご了承ください。

予定プログラム

・2023年のミドル・シニアのキャリアと転職を振り返る
・2024年、どんな年になる?
・2024年、どうなる?どうする?ミドル・シニアのキャリア
・2024年、どうなる?どうする?ミドル・シニアの転職
・2024年を輝く1年とするための指針
・Q&A

開催概要

  • 日時:2024年2月6日(火)18:30-20:00
  • 対象:経営者・管理職・リーダー各位、人事関係者各位
  • 定員:50名
  • 場所:zoomにて開催
  • 受講料:無料

※お申込み頂いた方にはKEIEISHA TERRACEレギュラーメンバーのアカウントを発行いたします。
※業界関係者、競合企業の方の参加はお断り申し上げます。
※お問い合わせ:セミナー運営事務局(info@keieisha.jp)
一営業日以内にご返信申し上げます。

講師プロフィール

小杉 俊哉(こすぎ・としや)

合同会社THS経営組織研究所
代表社員

早稲田大学法学部卒業後、日本電気株式会社(NEC)入社。 マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学大学院修士課程修了。 マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン株式会社人事総務部長、アップル人事総務本部長兼米アップル社人事担当ディレクターを経て、39歳で独立。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て、合同会社THS経営組織研究所を設立。元立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授。慶應義塾大学大学院理工学研究科特任教授。 著書に、『起業家のように企業で働く』、『リーダーシップ3.0』などがある。

黒田 真行(くろだ・まゆき)

株式会社ルーセントドアーズ
代表取締役

「ミドル世代の方々のキャリアの可能性を最大化する」をテーマに、ベンチャー企業や中小企業の経営者の右腕人材となるミドルマネジメント層、経営プロフェッショナルの人材紹介事業を運営。1989年、関西大学法学部卒業、リクルート入社。以来、転職メディアの制作・編集・事業企画に携わる。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。13年リクルートドクターズキャリア取締役などを経て、14年ルーセントドアーズを設立。
・35歳以上のための転職支援サービス「CareerRelease40」
・40代からのキャリアの不安相談サービス「CanWill」

井上 和幸(いのうえ・かずゆき)

株式会社経営者JP・代表取締役社長CEO

1989年早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。人材開発部、広報室、学び事業部企画室・インターネット推進室を経て、2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年より株式会社リクルート・エックス。エグゼクティブコンサルタント、事業企画室長を経て、マネージングディレクターに就任。

2010年2月に株式会社 経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。経営者の人材・組織戦略顧問を務める。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供している。人材コンサルタントとして「経営者力」「リーダーシップ力」「キャリア力」「転職力」を劇的に高める【成功方程式】の追究と伝道をライフワークとする。 自ら2万名超の経営者・経営幹部と対面してきた実績・実体験を持つ。

以下の各メディアにて幹部向けのキャリアや転職に関するコラムを連載。
▼NIKKEI リスキリング「次世代リーダーの転職学」(「日経産業新聞」にも掲載) 
▼iza(旧SankeiBiz) 「井上和幸の、社長を目指す方程式」 
▼RECRUIT DIRECT SCOUT MAGAZINE「経営者JP井上の視点」

著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『知名度ゼロでも「この会社で働きたい」と思われる社長の採用ルール48』(共著、東洋経済新報社)、『あたりまえだけどなかなかできない 係長・主任のルール』(明日香出版社)など。その他業界誌等多数。