TOP イマ、ココ、注目社長! 「品質の良さの数値化」で拡がる、日本の「食」の可能性【前編】

2022/07/13

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第245回

「品質の良さの数値化」で拡がる、日本の「食」の可能性【前編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • dot science株式会社 代表取締役 小澤 亮氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

うま味、香り、口どけの良さなど、これまで感覚的に語られてきた「食」の魅力を数値化することで、マーケティング業界に新風を吹き込んでいるベンチャー「dot science(ドット サイエンス)」。

同社を率いるのが、ヤフー、フリーのウェブマーケターを経て起業した小澤亮氏。ヤフー時代、全国的には無名の食品メーカーがオンライン通販で大きく売り上げを伸ばしているのを見て、「食」の伸びしろに気づいた小澤氏ですが、フリーのウェブマーケターとして独立後は、こだわりのものを作る生産者や小さな食品メーカーのサポートを始めました。

その時の出会いをきっかけに「dot science」を設立し、品質の良さの数値化に焦点を当てたマーケティングを展開していくことになります。前編は、「dot science」立ち上げまでのストーリーをお伺いしました。

(聞き手/川内 イオ

 

ヤフオクで学んだ「モノの売り方」

――小澤さんはこの10年間、「食」の分野で質の高い仕事をしている生産者や作り手をサポートされたり、コラボされたりしています。子どものころから、食への関心が高かったんですか?

 

小澤 正直、食に関してはまったくこだわりがないまま社会人になりました(笑)。いまの仕事とのつながりでいうと、僕は静岡県の三島市出身で、サッカーマンガの『キャプテン翼』に出てくるゴールキーパーに憧れて、小、中とゴールキーパーをしていました。得点を狙いにいくような性格というよりは、後ろでどっしり構えて、みんながどうやったら目標達成できるかを考えるタイプだったので、そこはいまと通じるところがありますね。
もうひとつ、いまの仕事につながるところがあるとしたら、高校時代からヤフオク(ヤフーオークション)で古着を売っていたことです(※当時の規約は「満18歳以上」なので問題なし)。

 

――ヤフオクがいまの仕事に役立っているんですか?

 

小澤 はい。母親がもともと文化服装学院の出身だったこともあって、服はこう撮った方がいいとか、タイトルはこうしたほうがいいとか、買う人が迷わないように着丈、身幅、肩幅もちゃんと測って記入しなさいとか、いろいろチェックしてくれたんです。そのときに、こんな情報を出すと人はモノを買ってくれるんだっていう感覚を身に着けることができたと思います。
大学進学で上京してからは、家庭の事情もあって自分でまとまったお金を稼ぐ必要があり、本気でヤフオクに取り組むようになって。心理学、行動経済学、コミュニケーションデザイン、コピーライティングなど、いかに人に良さを伝えて行動につなげるかという内容の書籍を1日5...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 小澤 亮氏

    dot science株式会社 代表取締役

    マーケター。大学で建築を専攻した際に、建築家が抱えるマーケティングの課題に触れたことをきっかけにWebマーケターを志す。在学中はバイヤーとして3,000回以上のWeb取引きを経験。その結果、インターネット通販に可能性を見出して、「良いものをつくる生産者をITでPRして収益化すること」を目標に、Yahoo! JAPANに入社。4年間の経験を積んだ。独立後は、より横断的なマーケティングスキルを習得するために、BASE株式会社をはじめとするベンチャー企業や、地方の中小企業のマーケティングを監修。また、全国の250件以上の農畜水産の生産者を訪問しながら、写真撮影、コピー制作、Web制作などの情報発信を支援することで関係性を築いた。その後、2017年9月に.science Inc.を創業。生産者をブランディングして、食材や加工品を販売する事業を展開する。化学農薬不使用のエディブルフラワーを卸・通販・研究開発する「食べられる花屋 EDIBLE GARDEN」はオンラインシェアNo.1に成長した。