TOP イマ、ココ、注目社長! 現実世界をデータ化し、ソフトウェアで扱えるようにする。【後編】

2022/04/20

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第227回

現実世界をデータ化し、ソフトウェアで扱えるようにする。【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • Idein株式会社 代表取締役 CEO 中村 晃一氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

2015年創業のIdein(イデイン)は、IoTプラットフォーム「Actcast」を開発・運営するスタートアップです。「Actcast」は、カメラやセンサー類にAIを搭載した「エッジAI」で画像や音声など多様なデータを収集、ディープラーニングで処理・解析するエッジコンピューティング技術を採用。機器類もデータ転送コストも安価で、プライバシー・機密情報の漏洩リスクが低く、さらに柔軟に変更できるアプリが特徴の、PaaS (Platform as a Service)です。
Idein創業者の中村晃一さんは、東京大学大学院のコンピュータ科学専攻博士課程を中退して起業を志しました。しかし、その関心のありかは幼少時から現在まで一貫しているようです。学問の世界からビジネスの世界に転じた理由、企業家としての今後の展望について伺いました。

(前編はこちら

(聞き手/井上 和幸

 

画像認識や機械学習の進化で「現実世界をデータ化」する夢の実現が視野に

――御社の事業にもつながる、機械学習に関心を持たれたのはいつ頃ですか?

 

中村 ディープラーニングという技術が登場したのが2012年で、当時から注目はしていました。その頃はまだアカデミア周辺で話題になっていたぐらいで、一気に実用化が進んだのが2014年頃だったと思います。

 

――2010年代後半から一般化してきたように記憶しています。御社の取り組みも影響を及ぼしたのでは?

 

中村 そうですね。ただ、私の興味の中心は機械学習そのものではないんです。もともと天文学を志したのは、世界の動きをデータ化して、シミュレーションして調べるという分野に興味があったからです。機械学習は、データ化のための格好のツールです。画像認識技術や機械学習の登場によって、現実世界そのものをデータ化できる可能性が見えてきた。分野は変わりましたが、実世界をデータにしてシミュレートしたいという欲求が湧き上がってきました。だから、事業を興そうと思ったんです。

 

――なるほど。中村さんの関心は一貫しているわけですね。しかし、研究ではなく起業を選んだ動機は何だったのでしょう。

 

中村 先ほどお話しした、学際研究の経験が影響していると思いますね。そこでは、議論の中から仲間が集まってプロジェクトを始める、という動きが自然に起きていましたし、自分でも、いくつか立ち上げました。ずっと思い描いていた「現実世界をデータ化する」夢が実現できるかもしれない、となったとき、手段として起業を選ぶのは、私にとっては自然なことでした。どこかの企業に所属してできるとは思えなかったし、...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 中村 晃一氏

    Idein株式会社 代表取締役 CEO

    1984年生まれ、岩手県出身。遺伝子工学を研究する科学者の父をもち、身近に研究所がある環境で幼少期を過ごす。音楽にも興味があり、音大進学を希望していた時期もあったが、東京大学に進学。大学では主に高性能計算のための最適化コンパイラ技術を研究。その後、東京大学情報理工学系研究科コンピューター科学専攻博士課程に進学するが、一刻も早く自分の技術を世に出して社会に貢献したいという想いから中退。2015年、 画像処理などの技術の著しい進歩を目の当たりにし、新しいソフトウェア技術によって様々な革新的プロダクトやサービスが産み出されるであろう事を予感し、そのような最新技術を誰もが手軽に利用できるようにする為のプラットフォームを創るべくIdein(イデイン) 株式会社を創業。2017年、VCグローバル・ブレイン株式会社から資金調達。2018年には半導体大手の英ARM社から「ARM Innovator」に日本人(個人)として初めて選出された。2020年10月、第三者割当増資により20億円の資金調達を実施。