TOP 敏腕キャピタリストの着眼点 実績がなくとも成長性を見極め、投資はもちろん、支援もして行く

2021/08/03

1/1ページ

敏腕キャピタリストの着眼点

第26回

実績がなくとも成長性を見極め、投資はもちろん、支援もして行く

  • 経営
  • 組織

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

事業創造キャピタルは、2007年、新潟県で設立。ベンチャー企業への投資活動や経営支援、起業家育成、新規事業開発などを行う。

2019年、ファンド「NBCエンジェルファンド2号投資事業有限責任組合」を設立。主要LPに個人投資家、 独立行政法人 中小企業基盤整備機構をおき、エンジェル税制対象企業に投資している。

また、開志専門職大学の在学生・卒業生の起業支援を目的とした学生ベンチャー支援ファンドを設立し、アイデア段階から会社設立・事業展開まで一気通貫した指導・支援を行うことを予定している。

代表取締役の佐藤光歳氏に伺った。

教育畑からベンチャー支援へ

井上 大学を卒業されて、最初はどのようなことをされていたのですか?

 

佐藤 大学卒業後は司法試験の勉強をしておりましたが、その後、御縁があり2007年に新潟県を中心に活動しているNSGグループのひとつである学校法人新潟総合学院に入校することになりました。また、並行して2008年からグループ内のNSGキャピタルコンサルティングでM&Aアドバイザー業務にも従事しておりました。

以後、事業創造大学院大学での准教授や、新潟総合学園の東京事業部部長も務め、2018年に、事業創造キャピタルに代表取締役として就任することになりました。

 

井上 事業創造キャピタルは、どのような会社なのでしょう?

 

佐藤 新潟に本社を置くNSGグループの一部門です。

NSGグループは、学校法人や医療法人、社会福祉法人、株式会社など、100を超える法人より構成されるグループで1万人を超える方々が勤務をされていますまた、サッカーJリーグのアルビレックス新潟やバスケットボールBリーグの新潟アルビレックスBBなどのスポーツ事業にも取り組んでおります。

事業創造キャピタルは形式的にはCVCという位置づけになりますが、実態は少し異なります。

通常、CVCは運営するファンドに本体(親会社)が出資しますが、弊社ファンドは大半を外部資金で運用しています。その意味で少し変わった位置付けだといえます。また、グループに属していますが、投資に関しては自由に行っています。

 

井上 教育からVCにどうしてつながるのかが不思議でしたが、理解できました。佐藤さんは投資系の業務をやろうと考えていたのですか?

 

佐藤 実は考えたことはありませんでした。しかし、グループの会長から「お前は今後、何がしたいんだ」と聞かれたとき、「ベンチャー支援がやりたいです」と答えたら「じゃ、それをやれ」となったんです(笑)。

 

井上 VCがご専門、ということでもないの...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 佐藤 光歳氏

    佐藤 光歳氏

    事業創造キャピタル株式会社 代表取締役

    1964年6月12日生まれ 秋田県出身。 早稲田大学法学部卒。事業創造大学院大学事業創造専攻卒業(経営管理修士(専門職)MBA)。 2007年学校法人新潟総合学院(NSGグループ)入校。グループ内M&A会社役員、学校法人新潟総合学園東京事業部部長等歴任。学校運営と共に、多数のグループ内ベンチャー企業の経営支援および企業買収案件調査等を行う。2018年よりNSGグループ内の事業創造キャピタル株式会社代表取締役としてエンジェル税制を活用したベンチャーファンドの運営を行っている。新潟ベンチャーキャピタル取締役、事業創造大学院大学准教授、公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会 参与を兼任。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる