TOP ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術 話すも聞くも議論するのも、結論と根拠のピラミッドでやってみよう

2021/04/20

1/2ページ

第104回

話すも聞くも議論するのも、結論と根拠のピラミッドでやってみよう

  • ビジネススキル
  • キャリア
  • ヤフー株式会社コーポレートエバンジェリスト  Yahoo!アカデミア学長 伊藤 羊一氏

2018年に出版しました拙著「1分で話せ」は、おかげさまで、電子版含め50万部を超えるヒットとなりました。読者に、心から感謝します。一人でも多くの人が「伝える」「話す」を楽しめることができたらいいな、と考えています。 
 
さて、3月に「1分で話せ」の続編となる「1分で話せ2 超実践編」を出版しました。「1分で話せ」は「考えて伝える極意」について述べてきたものですが、「1分で話せ2」は、その復習を行うとともに、「話を聞く」や「議論する」など、広くコミュニケーション全般をカバーするものです。基本、全ては同じ「結論と根拠のピラミッド」で考える、というものです。今回は、その「結論と根拠のピラミッドでコミュニケーションを捉え、実行する」やり方につき、説明します。

1、結論と根拠のピラミッドとは

「結論と根拠のピラミッド」とはなんでしょうか。これは、ロジカルシンキング(論理思考)の本には必ず出てくる「考え方の基本フォーマット」で、考えの骨組みを、結論と根拠3つくらいにまとめてみよう、とするものです。結論の下に、根拠が3つくらい並ぶので、三角形、すなわちピラミッドのような形になる、ということです。

 

仕事や生活におけるコミュニケーションは、大抵、このピラミッドで成り立っています。例えば、「牛丼のY家は最高だ!」という結論があるとしたら、そこには必ず根拠がありますよね。「早い、安い、うまい」から、というものです。「早い、安い、うまい」から「牛丼のY家は最高だ!」ということです。

 

他の例では「ある企画を実行したい!」という結論があります。皆さんも社長やリーダーに提案することがあるでしょう。その時、「私がやりたいから」では話は通りません。根拠が必要となるわけです。「この企画は、売上が上がり、利益率も高く、しかも話題になり未来につながるからやりたい」という形です。根拠は3つではない場合もあるかもしれませんが、ひとまず「3つ考える」という癖をつけ、考えるトレーニングをしてみてください。

 

そして根拠の下には、その根拠を説明する事例を加えてみてください。例えば「この企画をやりたい―売上が上がるから―○○億円くらいが期待できる」という形です。そうすると、「結論―根拠―事例」という3段のピラミッドになります。これが基本で、これをささっと考えてみましょう。まず、「1分で話せ」で書いた「人に伝える」時は、このピラミッドを相手に伝えれば、相手は理解しやすい、ということです。

2、コミュニケーションに活用する(聞く時)

このピラミッドは、話す時だけでなく、話を聞く時にも活用できます。

 

話し手は、意識してピラミッドを作って話している時もあれば、あまりピラミッドを意識せずに話している時もあります。大抵、意識しないで話すことが多いのではないでしょうか。話し手がピラミッドを作っている時は、そのまま聞いていけば理解しやすいのですが、相手が特に論理的ではない場合、そのまま話を聞いても理解しづらいわけです。

 

そんな時、この「結論と根拠のピラミッド」の出番です。まず聞き手は、頭の中に、何も文字が入っていない白地のピラミッドの「箱」を用意します。結論と、根拠と、事例と三段にしてください。そのうえで、相手が話しだしたら、「あ、これは結論を言っているのだな」「うーん、これはこの根拠に基づいた事例を話そうとしているのかな」といったように、まずは結論と根拠の事例に振り分けながら、話を聞きます。

 

そのうえで、それを頭の中で解釈しながら、「結論をこんな風に言っていたけど、このピラミッドからすると、もう少しニュアンスが違うのかしら」などと思ったら、話し手に「これは、どちらかというとこういうことですか?」と聞いてみたり、話し手が2つだけ根拠を言ったとして、聞き手サイドで、もう1つありそうな根拠を思い付いたら、「こんな根拠もありそうですか?」と聞いてみたりする。つまり、結論と根拠のピラミッドを、話し手と一緒に作り上げる、ということをするわけですね。

1

2

プロフィール

  • 伊藤 羊一氏

    ヤフー株式会社コーポレートエバンジェリスト  Yahoo!アカデミア学長

    Zホールディングス株式会社 Zアカデミア学長/ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア学長/武蔵野大学アントレプレナーシップ学部 学部長/株式会社ウェイウェイ 代表取締役/グロービス経営大学院 客員教授 日本興業銀行、プラスを経て2015年よりヤフー。現在Zアカデミア学長としてZホールディングス全体の次世代リーダー開発を行う。またウェイウェイ代表、グロービス経営大学院客員教授としてリーダー開発を行う。2021年4月 武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)学部長就任。代表作に50万部超ベストセラー「1分で話せ」。ほか、「1行書くだけ日記」「ブレイクセルフ」など。