TOP スペシャルコラムドラッカー再論 産業構造の変化が起こるとき。それをチャンスとできる企業、できない企業。

2021/01/25

1/1ページ

第252回

産業構造の変化が起こるとき。それをチャンスとできる企業、できない企業。

  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

イノベーションの機会としての産業構造の変化は、次の4つのような場面・フェーズで、ほぼ確実に起こるとドラッカーは言う。

 

「(1)最も信頼でき、最も識別しやすい前兆は急速な成長である。」(『イノベーションと企業家精神』、1985年)

 

この前兆は、あらゆるケースで共通している。ある産業が経済成長や人口増加を上回る速さで成長するときに、その産業構造そのものがほぼ間違いなく劇的に変化する。それまでの仕事の仕方でも、ある程度成功を続けることはできる。そのため誰もそれを変えようとしない。しかし仕事...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。