TOP 敏腕キャピタリストの着眼点 イスラエルのスタートアップを活用した、日本企業のオープンイノベーションを支援!――VCの新たな業態を目指す。【前編】

2020/11/12

1/1ページ

第20回

イスラエルのスタートアップを活用した、日本企業のオープンイノベーションを支援!――VCの新たな業態を目指す。【前編】

  • 組織
  • 経営
  • Magenta Venture Partners Managing General Partner 竹内 寛氏
  • 株式会社経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上 和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

Magenta Venture Partners(マジェンタ ベンチャー パートナーズ)は、2018年10月、三井物産とイスラエル人個人2名の対等合弁で組成したベンチャーキャピタルだ。同社の特長は、《日本企業が、イスラエルのスタートアップを活用した新事業・新製品開発や業態進化を実現するための支援》を行っていること。三井物産から出向し、現地で同社を立ち上げた竹内 寛氏(Managing General Partner)にオンライン取材で話をうかがった。

 

30代はリターン狙い。40代は事業投資の側から投資にかかわる

まずは竹内さんのご経歴と、現職に至る経緯からご紹介したい。

竹内さんは早稲田大学理工学部出身。大学院(修士)ではソフトウェアの研究をしていた。研究者の道を進まずに就職したのは、「このまま研究を続けてテクノロジー自体を深掘りするよりも、テクノロジーを使って世の中をより良くしたいと考えた」から。また、総合商社を選んだのは、「大きな舞台装置の上で新事業・新産業をつくりたいと思った」からだという。

 

 

竹内 三井物産に決めたのは、めぐり合わせです。皆さん同じことをおっしゃると思いますが、先輩が就職していたり、就活で会った人が魅力的だったり、といったことですね。また、これは入社してからわかったことですが、「人の三井」と言われるように、三井物産が人を大事にする会社であり、いろいろ任せてもらえる環境であったのは、とても良かったと思います。

 

 

最初の配属は社内のITシステム開発部門。北欧の北海油田で使う鋼管パイプ輸出商売の付帯条件だった「SCM(サプライチェーンマネジメント)システム」開発のプロジェクトマネージャーを務めるなど、事業開発の武器としてのITシステム開発に取り組んだ。

 

その後、貴金属を中心としたコモディティデリバティブトレーディングの部署で、コンピューターを用いた取引のリスク管理や、デリバティブ商品の値付け業務に従事。当時は金融工学の本を読みふけり、高校の数学からやり直し、ブラック・ショールズの確率微分方程式(=オプション価格計算式)を2カ月かけて解いて自らコーディングもしていたという。

 

 

竹内 20代は主に《技術面からITに携わり、それを強みにビジネスに貢献する》という立ち位置でした。声がかかったら何でもできるだけ引き受け、実務にどっぷり浸かり、広くいろいろなことを経験するよう心がけていました。

 

 

投資事業に関わるようになったのは31歳からだ。

2002年から企業投資部のVC子会社に、2年間出向した。そこでは、株式トレーディングシステムの会社に投資し、同社は後にマザーズに上場している。

2004年からは、...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 竹内 寛氏

    Magenta Venture Partners Managing General Partner

    三井物産(株)企業投資部所属。2004年、同社VC子会社(Mitsui & Co. Venture Partners) 米シリコンバレー拠点立ち上げの為渡米し、現地で米スタートアップ投資業務に従事。2009年に日本帰国後、三井物産の複数部門で自動車・IoT分野の米スタートアップ投資と日本での事業開発に従事。同社経営企画部イノベーション推進室で、全社イノベーション推進体制の企画・推進。2018年10月、Magenta Venture Partners設立、Managing General Partnerに就任。現在イスラエルに駐在し、同国スタートアップへの投資業務に従事。早稲田大学大学院 理工学研究科卒(修士)。ソフトウェア工学専門。

  • 井上 和幸

    株式会社経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年より株式会社リクルート・エックス。2010年2月に株式会社 経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 自ら2万名超の経営者・経営幹部と対面してきた実績・実体験を活かし、経営者力/リーダーシップ力/キャリア力/転職力/を劇的に高める【成功方程式】の追究と、その伝道をライフワークとする。