TOP イマ、ココ、注目社長! ITでノンデスクワーカーの能力を解放したい。 生産性高く楽しく働ける現場を、5年後10年後のあたりまえに

2020/11/06

1/1ページ

第118回

ITでノンデスクワーカーの能力を解放したい。 生産性高く楽しく働ける現場を、5年後10年後のあたりまえに

  • 注目企業
  • 経営
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 株式会社カミナシ 代表取締役 諸岡 裕人氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら

 

 

ブルーカラー×業務効率化×SaaS ――これまで、IT化やDXといった言葉から取り残されている感のあった、ノンデスクワーカー(ブルーカラー)の職場。そこに、独自開発したアプリ「カミナシ」を導入して、現場の業務効率化や品質管理の一元化を一気に進めようとしているのが、株式会社カミナシの代表取締役・諸岡裕人さんです。

千葉県成田市の起業一家のもとで育ち、ブルーカラー領域を選んだのも、32歳までに会社を興すと決めていたのも、父の背中を追ってのこと。もともとは純粋に家業を継ぐつもりだった諸岡さんですが、労働集約型産業の未来に陰りを感じ、IT領域での起業を意識し始めます。

約3年半ものトライ&エラーを繰り返したあと、可能性はすでに自分の手に握られていたことに気づいたのが2019年11月。そこからサービス内容を一新し、2020年6月、現在のプロダクトをローンチします。

直後から始まった快進撃。ブルーカラーの現場を抱える各業界のトップ企業から、相次いで問合せが寄せられているという現・カミナシのサービス、開発にあたっての目の付けどころ、メンバー全員が狂気をはらんでおこなっているというカスタマーサクセスのポリシー、シンプル明快な経営者としての在り方など、気になるあれこれをうかがいました。

(聞き手/井上和幸)

労働主役型産業の未来に危機を感じITに着目

――会社経営をされているご実家だそうで、はじめから継ぐことは決まっていたのですか?

 

諸岡 ええ、もう小さいうちから。「サッカー選手になりたい」というと、両親だけではなく祖父母からも否定されるような家で(笑)。それ、僕がまだ5,6歳くらいのころからですからね。両親、祖父母、父方のおじ、おば、母方の祖父もみんな商売をやっていて、勤め人はほぼいない。大学卒業後、社会勉強も兼ねて一度は就職しましたが、家を継ぐことが前提で、最初から「3年で辞めます」という前提で入社しました。

 

――そうなのですね。ご実家を継ぐ際は、自分でも何か新しい事業を興そうと思われていたのですか?

 

諸岡 いえ、当時は純粋にこれまでの事業を継ごうと思っていました。成田市ということもあって、父は航空関連の請負業をしていたのですが、競合がほとんどいなくて一度もチャーンされたことがない。当時でも売上げが30億くらいあって、しかも海外からどんどん人が入ってくる時代だったので、僕が戻ってからも5,6年ほどで倍増していました。

 

――すごいですね!

 

諸岡 ただ、それをずっとやっていると見えてくるものもあって、実家の事業は労働集約の最たるもの。比較的安く雇用できる外国...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 諸岡 裕人氏

    株式会社カミナシ 代表取締役

    2009年 慶応大学経済学部卒業。リクルートスタッフィングにて営業職を担当。2012年 家業であるワールドエンタプライズ株式会社に入社し、LCCのエアアジアジャパンやバニラエアの予約センターの立ち上げ、JALの羽田機内食工場の立ち上げなどに携わる。その中で感じた食品業界の現場のペインを解決するため、2016年12月に株式会社カミナシ(旧社名:ユリシーズ株式会社)を創業し、ノンデスクワーカーの業務を効率化する現場管理アプリ「カミナシ」を開発。