TOP イマ、ココ、注目社長! ロボット労働力をサブスクリプションで提供! ーーすべての企業が創造的な生産活動に集中できる世界をつくりたい。【前編】

2020/10/07

1/1ページ

第114回

ロボット労働力をサブスクリプションで提供! ーーすべての企業が創造的な生産活動に集中できる世界をつくりたい。【前編】

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社チトセロボティクス  代表取締役 社長 西田 亮介氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

株式会社チトセロボティクスは、産業用ロボットアームを用いた労働力を、初期導入費用なしのサブスクリプションで提供している会社です。ロボットの「運用サービス部分の費用」が“時給980円換算”であることが大きな話題になっていますが、導入する側にとって、より重要なポイントは、同社のサービスが《導入時コンサルティング、マニュアル作成、現場教育、ロボット導入、ソフトウェアのアップデートや修理などのメンテナンス》といった一気通貫のパッケージになっていることでしょう。このため、企業は、ロボットをこれまでより手軽に、かつ安心して導入できるわけです。同社代表取締役社長の西田亮介さんに、創業までの経緯や、産業用ロボットへの思い、今後の事業展開などについてうかがいました。

 

(聞き手/井上和幸)

 

恩師たちに導かれ、「ロボットオタク」から経営者の道へ

――西田さんは、小さいころからロボットをつくっていたそうですね。なぜロボットづくりにはまったのですか。

 

 

西田 6歳のときに『ショートサーキット』(1986年公開)という映画を観て、ロボットをつくる人にあこがれたんです。兵器としてつくられたロボットが人間と仲良くなる…というお話なのですが、ストーリーそのものにはあまり興味がなくて、ロボットをつくる技術者が格好良くて、自分もそうなりたいと思いました。

 

 

――それで作ってしまうのですからすごいなと思いますが、さらには学生時代にすでに起業されていたそうですね。どんなことをされていたのですか?

 

 

西田 19歳のときが最初の起業で、いま聞くと笑ってしまうのですが、ガラケーで特定のメールアドレスを打つとエアコンが動くという、今風に格好良く言えばスマートホームになる基板を、後付け型のシステムとしてつくって販売していました。当時、高級マンション向けに30万円くらいでそうしたキットが売られていたのですが、自分でつくれば1万円くらいでできてしまう。だったら自分で売ってみようかな、と。

 

 

――商売、ビジネス、起業へのご興味もあったわけですね。

 

 

西田 大学(立命館大学)に入ったときに、経営学部の黒木正樹教授から、「君は経営を学んだほうがいい。でなければ、ただのロボットオタクで終わるぞ。趣味で一生を終えるのか、それとも、それでちゃんとご飯を食べていくのか選びなさい」と言われたんです。それで「起業もいいな」と思いました。また、父方、母方の祖父が両方とも起業していたので、そもそも中学・高校のときから興味はありましたね。...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 西田 亮介氏

    株式会社チトセロボティクス  代表取締役 社長

    6歳からロボット製作を始める。立命館大学では、ロボット運動制御と画像認識を専攻。在学中より2度の起業と売却を経験。同大学院卒業後、リクルートに入社。新規事業領域において、アプリ開発からマネタイズまで一気通貫のビジネス開発に従事。 2018年、チトセロボティクス創業。大学で研究していた制御理論「ALGoZa」を中核とした制御ソフトウェアを開発。キャリブレーションフリーのロボットシステムを実現する。生産年齢人口の減少による労働力不足に対する解決策として、ロボット技術の活用に活路を見出し、ロボットを労働力として派遣するイメージから「いまこそ、ロボット労働力。」をスローガンとして事業を展開する。2020年7月よりロボット労働力のサブスクリプリョン「Chitose Robotics Service」を提供開始。時給980円の月額定額サービスにて提供している。東京都の最低賃金を下回る低コスト、初期費用・消耗品・メンテナンスなどのパッケージ化により、ロボットを使ったことのないユーザーでも手軽に導入できるメリットで、社会課題の解決を目指す。