TOP スペシャルコラムドラッカー再論 企業における「正しい成長」とは。

2020/06/15

1/1ページ

第223回

企業における「正しい成長」とは。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成長戦略は、成長が止まったとき、経済や市場環境が停滞しているときにこそ必要となる。
ドラッカーは、マネジメントたるもの、成長のための経営政策を持たなければならない。単なる欲求ではなく、しっかりとした根拠に基づいた成長の目標を持つ必要がある、と述べている。

 

「第一に、マネジメントたる者は、成長の最低限度を検討しておかなければならない。自らの強みと生命力と成果をあげる能力を維持していくための成長の最低限度はどこか。生きていくための市場地位は確保しなければならない。さもなければ限界的な存在になる。不適切な...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。