TOP 異能の経営者 ~ I know. ~ 【横山裕一氏】僕らはあきらめが悪かった。だって、無理だとは思わなかったから。(Vol.4)

2020/04/03

1/1ページ

第29回

【横山裕一氏】僕らはあきらめが悪かった。だって、無理だとは思わなかったから。(Vol.4)

  • 経営
  • キャリア
  • 経営者インタビュー
  • 株式会社アールフォース・エンターテインメント 代表取締役社長/ゲーム職人 横山 裕一氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら > >

 

iモードが登場した当時から、モバイルゲームをはじめ多数のゲーム開発にとりくみ続けてきたアールフォース・エンターテインメント。創業メンバーとなる木村信行氏との出会いが、代表の横山裕一氏の人生も加速させる――

マスターアップ3日前に「新機能を追加してくれない?」

専門学校の講師仲間となった木村がドリームキャストのゲーム制作に関わっていた縁で、シナリオ制作を手伝うことになったのですが。シナリオを納品に行ったら、木村が青ざめた顔をしていましてね、聞けば「マスターアップまで1ヵ月しかないのにぜんぜんゲームができていない」と。

 

そこで途中のバージョンを見せてもらったら、できているのはオープニングだけで、後はもう滅茶苦茶。自分の書いたシナリオがそんな状態でリリースされるのは、不本意でしたから、半ば押しかけで手伝うことにしました。しかし、手伝えば手伝うほど仕様がカオスであることが分かってきて、これはもう「作り直すべきだ、なんなら僕が仕様から書き直します」と、プロジェクトマネージャーに直談判しました。

 

 

――そのあたりの押しの強さは健在なんですね(笑)。

 

当然プロマネさんからは「絶対ダメです、今の仕様で作りきってください」と言われてしまったのですが、その人が出勤してくる時間に毎日電話をかけて「絶対作り直したほうがお客様の為になるし、こっちの方が売れます」と言い続けた。そうしたらある日「もう、好きなように作っていいよ」と折れてくれて、気付いたらディレクターになっていました(笑)。

――すごいですね。ここから、今度こそアールフォース・エンターテインメント創設の流れになると思っていいですか?

 

あと少しです(笑)。結局ゲームは皆の頑張りで、マスターアップの三日前には全ての機能が実装されており、デバッグも順調に進んでいました。そうなると、開発側はあんまりやることが無くなるんですね。そこでドリームキャストに近々実装される機能の情報を見ていると、インターネットからデータをダウンロードして、ビジュアルメモリと呼ばれる外部メモリカードに入れられるようになる、と書いてあったんです。

 

それまでの家庭用ゲーム機のゲームは拡張性がなくて、それが中古市場で値崩れする原因の一つになっていました。しかし、この機能を使えば、継続的にコンテンツを配信して、お客様に長く楽しんで貰えるわけです。「この機能を使わない手はない!」と思いました。

 

で、木村に「インターネットからダウンロードしたデータで追加シナリオが遊べる、という機能を追加してください、追加シナリオは僕が書きますから」とお願いしたんです。

まぁ、キレられましてね……。

 

 ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 横山 裕一氏

    株式会社アールフォース・エンターテインメント 代表取締役社長/ゲーム職人

    1972年 大阪府生まれ。 京都コンピューター学院に特待入学、その後除籍。 24歳までフリーターとして、コックや大工、ビラ配りなど様々な職業を経験する。 専門学校からフリーター時代に、友人らとインディーズゲームを制作、海外で5万本以上のスマッシュヒットを記録した。 1998年からゲーム専門学校にて講師を勤め、そこで知り合った木村信行(現専務取締役)と翌年、有限会社アールフォース・エンターテインメントを設立。 ハドソン、セガ、スクウェア・エニックス、バンダイナムコ、コナミ等の大手ゲーム会社と直接取引し、家庭用ゲーム機や携帯電話機向けゲームを現在までに333本以上リリースしている。 2011年にリリースしたiOS向け自社オリジナルタイトル「Coinfalls忍」は全世界64ヶ国以上でゲームのジャンルランキングでBest3以内に入った。 スマートフォン向けでは、開発したゲームの約8割が各アプリマーケットでダウンロード数1位を獲得している。 2019年9月にサイバーエージェントグループから独立し、現在もディレクター/プロデューサーとして新規ゲームの制作を行う傍ら、専門学校の講師を続け後進の育成にも力を入れている。