TOP スペシャルコラムドラッカー再論 取締役会メンバーは、どのように選ぶべきなのか。

2019/07/29

1/1ページ

第181回

取締役会メンバーは、どのように選ぶべきなのか。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

取締役会が成果をあげるために最初に行うべきことが、トップマネジメントの役割と取締役会自身の役割を考え抜くことだとドラッカーは言う。

 

「そのうえで、取締役会としての目標と作業計画を策定することである。明確な目標のもとに仕事をしないかぎり、取締役会もまた成果をあげることはできない。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

 

取締役会の役割は2つ、経営会議としての取締役会と、利害関係者との接触をその役割とする対社会関係会議としての取締役会だ。ドラッカーは、こう取締役会の機能を定義している。

 

「取締役会が...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。