TOP セミナー・イベント アフターコロナに向けて、経営者ならおさえておきたい「経営に死活的な3つの力」【後編】

申込受付中

アフターコロナに向けて、経営者ならおさえておきたい「経営に死活的な3つの力」【後編】

  • 開催日:2021年4月22日(木)18:30-20:00
  • 開催地:zoomにて開催
  • 受講料:無料
  • 定員:100名
  • 主催:株式会社 経営者JP
  • 講師:藤井敏彦氏(多摩大学大学院客員教授)

このような方におすすめ

  • 社会的イノベーションを起こしたいとお考えの経営者各位
  • 日本産業のいま、グローバルビジネスのいまに関心のある経営者各位
  • 自分なりの世界観をもって経営や事業にあたりたい、全てのリーダー各位


 

ウィズコロナからアフターコロナに向けて、いま、経営者各位が押さえておくべきことは何か?

今回、

・グローバル競争で何が起きているのか?
・その中でどう考え、動いていければよいのか

について、グローバルビジネスの競争戦略、
ゲーム戦略に詳しい藤井敏彦氏にお話いただきます。

後編である今回のテーマは、
「イノベーションを起こすためのものの捉え方、
リーダーシップの在り方」です。

社会を変革する大きなイノベーションを起こすためには?
「組織の空気とあわない」取り組みを逆風をついて実現させる術を論じ、
そこから浮かび上がるリーダーシップとは。

これらについて、宗教や哲学などリベラルアーツの視点も
加味しながら解説いただきます。

「職業人として、さらにひとりの人間として
生きていくうえで考えていく一助となればと願っています」
(藤井敏彦氏)

貴重なお話の数々をぜひお楽しみに!

(※前編では、社会課題解決型イノベーションの在り方を考えます。)

*KEIEISHA TERRACEセミナーのお申込みについて

  • お申込み頂いた方には、セミナー開催後に
    KEIEISHA TERRACEレギュラーメンバーのアカウントを発行いたします。
  • KEIEISHA TERRACEレギュラーメンバーになると、ビジネスに役立つセミナー・イベント・記事などの情報をいち早く受取ることができます。今すぐ情報をお受取りになりたい方はこちらよりご登録下さい。
  • すでにアカウントをお持ちの方には、重複してアカウント発行はございません。ログインしてお申込みください。

予定プログラム

  • 大きなイノベーションを起こすとはどういうことなのか
  • 「組織の空気とあわない」取り組みを、逆風をついて実現させる術
  • これからの時代のリーダーシップの在り方
  • Q&A

開催概要

  • 日時:4月22日(木)18:30-20:00
  • 対象:経営者・幹部層・リーダー層各位
  • 定員:100名
  • 場所:zoomにて配信いたします。
  • 受講料:無料

※業界関係者、競合企業の方の参加はお断り申し上げます。
※お問い合わせ:セミナー運営事務局(info@keieisha.jp)
一営業日以内にご返信申し上げます。

講師プロフィール

藤井 敏彦氏

多摩大学大学院客員教授

1964年大阪府生まれ。1987年東京大学経済学部卒業、通商産業省(現・経済産業省)入省。1994年ワシントン大学にてMBA取得。
2000年からはブラッセルに拠点を構えたNPO法人在欧日系ビジネス協議会事務局長を務め、日本人初の本格的対EUロビイストとして活動、多くの実績をあげた。
2004年に帰国後、慶應大学法科大学院客員講師(EU法)、埼玉大学大学院経済科学研究科客員教授(公共政策と企業経営)等を経て、現在経済産業研究所コンサルティングフェローを兼務。
環境、人権、通商、安全保障など世界的ルールメイクの第一人者であると同時に東西の哲学、宗教、歴史に通暁。企業経営、イノベーションを斬新で大きな視点からとらえる講演は多くの経営幹部から「世界を見る目が変わった」と高い評価を得ている。
主な著書に『競争戦略としてのグローバルルール』(東洋経済新報社)、『サステナビリティ・ミックス』 (日科技連出版社)などがある。