TOP 私が経営者になった日 【木村屋 福永氏】周囲の反対・不安視する声を越えて「再生する」ことを決めた。(1/4)

2018/07/24

1/2ページ

私が経営者になった日

第1回

【木村屋 福永氏】周囲の反対・不安視する声を越えて「再生する」ことを決めた。(1/4)

  • 経営
  • キャリア
  • 経営者インタビュー

 

※肩書・会社名は取材当時のものです

●多数決ではなく、自分で決断して腹が決まった

福永氏が木村屋総本店の改革に携わるようになってから5年が経つ。
初めは株式会社経営共創基盤からの派遣で木村屋総本店に入られた福永氏が、経営者としての自分をはっきり自覚したのは就任2カ月目のことだったという。
福永氏が現在メインで担当しているスーパーやコンビニ向けの袋パン事業は、当初「伝統があるけれど、ここ数十年実際の『実質的な経営』がされていない瀕死の状態」に見えていた。

「事業としては完全に停滞していました。だからこそ、最初に製造現場や販売現場をいろいろ見て、周囲の反対や不安視する声にも関わらず、就任2カ月目にこの事業を“再生する”という決断をした時に、“私が経営者として木村屋の袋パン事業を経営していくのだ”とはっきり意識しました。」

周囲には、設備に多大なお金がかかり競争が激甚なこの事業を無難に収束するとの決断を求めていた人も居たと感じていた。しかし、中身をよく見た福永氏はこれならやれると思ったという。

「当時の周りの意思や、見た目に出てくる数字とかとは真逆の判断だったと言えます。“そうではなくて、この数字は私にはこう見える”“こういうやり方だったらこうなるんじゃないか”と、多数決では絶対に決まらないところを、自分の判断で『こうできる、こうします。だからやりましょう』という話をしました。ここが一番、自分自身でも経営者としての腹の据わり方が決まった時です。」

 

1

2

プロフィール

  • 福永 暢彦氏

    福永 暢彦氏

    株式会社木村屋総本店 代表取締役副社長

    1968年生まれ、滋賀県出身。神戸大学経営学部卒後、大手生命保険会社、業務改革コンサルティング会社にてキャリアを積む。 2011年1月より、株式会社企業再生支援機構にて、中堅印刷メーカーの再生に構造改革責任者(CRO)として従事し、再生経営者としてのキャリアをスタートさせる。 2013年4月より、株式会社経営共創基盤に参画し株式会社木村屋総本店に経営者として派遣され、2013年10月より代表取締役副社長に就任する。2017年4月に株式会社木村屋総本店に転籍する。「強みのある領域にフォーカスする」「仕組み・基準・手順に基づいて行動する」ことを信念とし、創業149年老舗企業の一層の発展に取組中。

    この登場者の記事一覧をみる