TOP 「2020年近未来予測」MOVIE マーケットにリアクションするのではなく、自社の強みとこだわりにフォーカスする

2016/07/07

1/1ページ

第24回

マーケットにリアクションするのではなく、自社の強みとこだわりにフォーカスする

  • 「2020年近未来予測」MOVIE
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 経営者
  • 株式会社木村屋總本店 代表取締役副社長 福永 暢彦氏

「あんぱんの元祖」としてその名を誇る創業147年の老舗メーカーに、プロ経営者として派遣され、代表取締役副社長を務める福永氏。老舗の持つ商品の本来価値を再度見つめ直し、磨きあげようと取り組み、業績UPを果たしている福永氏が、「これからの時代に求められる、ローカルな中小企業のあり方、製品開発のあり方」について語った——。

プロフィール

  • 福永 暢彦氏

    株式会社木村屋總本店 代表取締役副社長

    神戸大学経営学部卒。卒業後、日本生命保険(相)、業務改革コンサルティング会社にてキャリアを積む。2011年1月より、株式会社企業再生支援機構にて、中堅製造メーカーの再生に構造改革責任者(CRO)として従事し、再生経営者としてのキャリアをスタートさせる。2013年4月より、株式会社経営共創基盤に参画し、株式会社木村屋総本店に経営者として派遣され、2013年10月より代表取締役副社長に就任する。「当たり前のことをやる」「強みのある領域にフォーカスする」ことを信念とし、創業147年老舗企業の一層の発展に取組中。