TOP 声と表情が変える、経営者・リーダーの存在感 しっかりと伝えたければ、「実感できる声」を出す。(4/5)

2018/06/05

1/1ページ

第4回

しっかりと伝えたければ、「実感できる声」を出す。(4/5)

  • ビジネススキル
  • スペシャル対談
  • フリーアナウンサー・ 声&表情トレーナー・声とことばの磯貝メソッド®正講師 菅家 ゆかり
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら >

 

 

「経営者を語る」――今回は、フリーアナウンサーで、声&表情トレーナの菅家ゆかりさん(声とことばの磯貝メソッドⓇ正講師)をゲストにお迎えします。

「声と表情が変える、経営者・リーダーの存在感。」をテーマに、弊社代表・井上和幸と語り合っていただきました。全5回でお届けします。

 

 

井上 菅家さんは、「声とことばの磯貝メソッドⓇ」の正講師でもいらっしゃいますね。

 

菅家 言葉をきちんと伝えたいと思いまして、十数年前から勉強して、教える資格を取りました。そこで意識改革をさせられたのですが、最初、「自分はアナウンサーだし、ある程度できている」というつもりで行ったら、全然ダメだと指摘され、ガーンと頭を叩かれたようでした。でも、「これほど言われるんだったら、このショックをエネルギーに変えよう」と思いまして。トレーニングをした結果、声が変わっていったんですね。私はアナウンサーを30数年やっていますが、アナウンサーを10数年やった時点での声と、その後、磯貝メソッドの中でやって来た声は、自分自身でも違うと思います。

 

井上 どのように違うのですか?

 

菅家 自分自身で「今、こういう声を出してしゃべっているな」と、きちんと実感できるようになりました。ですから、皆さんもしゃべっているときには、まず「今、自分がこんな風にしゃべっている」ということを認識して、それからお話しされるといいと思います。自分で認識できるということは、納得できるということであり、納得できる内容を伝えるということは、相手も納得して理解できるということですから。
一方的にしゃべるというのは、自分で認識せずに、わーっと夢中になって伝えているんです。自分がしゃべった内容に、自分でも「そうだね」と相槌を打ちながら話すようにしてみてください。

 

井上 しゃべっていることを、自分で受け取る意識を持つ、ということですか?

菅家 そうですね。自分が「皆さんこうですよね?」と言いながら、自分自身も「こうですね」ということを確認しているんです。それでまた、しゃべっていく。そうすると、早口にはなりません。ある程度ゆったりとした話し方になりますし、一言ずつ自分でちゃんと聞けているんですね。早口になってしまうと、自分で聞くということもできませんし、前に、前にと言葉をどんどん発するだけになってしまいます。今日はこういうことをしゃべった、などの細かいところが飛んでしまう。
そういう状態で話してしまうと、受けている方も「なんかた...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 菅家 ゆかり

    フリーアナウンサー・ 声&表情トレーナー・声とことばの磯貝メソッド®正講師

    上智大学新聞学科卒業後、日本テレビ放送網(株)にアナウンサーとして入社。 久米宏氏とのトーク番組“おしゃれ”他広報番組、ニュース、スポーツ、芸能情報番組の司会やレポーターとして幅広いジャンルを担当。 退社後はフリーランスアナウンサーとして活動を展開。テレビ東京「東京レポート」、ラジオ日本「川崎ウォーク」、CS放送「読売とれんど」、日本テレビ 「ご存じですか」等に出演。 その他、シンポジュームやセミナーの司会、様々な分野のナレーションも担当。 また、日テレ学院や大学で講師を務める。『美顔率』『声とことばの磯貝メソッド®』など声や表情に関する資格を習得。(株)イーウーマン、(株)ビジヨンテツクなどで「声トレーニング」「コミュニケーションを深める表情エクササイズ」「コミュニケーショントレーニング」等の講座を開講し企業研修やパーソナルトレーニング他、多方面でトレーナーとして活動中。 せたがや健康づくり区民フォーラム委員を務め地域活動にも参加。著書『一週間で決め顔・勝負顔を手に入れる』講談社。日本顔学会会員。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。