TOP 禅の教えに学ぶ経営道+リーダー学 リーダーが禅を学べば、組織が大きく変わる。(5/5)

2018/04/10

1/1ページ

第5回

リーダーが禅を学べば、組織が大きく変わる。(5/5)

  • 経営
  • スペシャル対談
  • 株式会社シマーズ 代表取締役 島津清彦
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら >

 

 

「経営者を語る」――今回は、経営者と禅僧の2つの顔をお持ちの島津清彦氏(株式会社シマーズ代表取締役)をゲストにお迎えします。

今回の対談では、「禅で磨く〝経営者の心・技・体″」などのテーマで、弊社代表・井上和幸と語り合っていただきました。全5回でお届けします。

 

 

井上 禅と座禅の話、いや、面白いですね。これまでいくつかキーワードになる禅語を教えていただきましたが、そうやって言語化されているところで気づかされる部分と、もう一つ、島津さんが何度もおっしゃっている、言葉にできないことを感じ取るために行動しろという二つの側面からのアプローチはとても勉強になります。そうすることで、「真理」と言うと言いすぎでしょうが、自分に内在するもの、混然一体となっているものに気づいていくというか……。

 

島津 そうですね。混然一体となっているものをきちんと見て、認識できるようになると楽しくなります。いろんな問題が起こっても、生きるのが楽になるんですね。経営も含めて。

 

井上 そこに気づいて深掘りをしていくのが、禅を取り入れていらっしゃる経営者やリーダーの方に共通することなんでしょうね。

 

島津 はい、数値的な目標を掲げて走るやり方は、右肩上がりの時代にはそれなりに機能したと思うんですね。同じものを大量生産で作って、何個売るか、何人で売るか、いつまでにやるかということが通用していましたが、今、そういうことばかりしていたら、ある日突然全く売れなくなってしまうこともある。また、そういった定量的な目標、国で言えばGDPなども含めてのことですが、果たしてそれが本当にいいのかということですよね。むしろ、目標設定をすることによってそれに縛られて、チャンスロスすることを考えなければいけない時代に入ってきていると思います。
そうなって来ると、新しい物を生み出していくアイデアなどが重要になりますから、禅をすることによって、よりクリエイティブな思考を磨いていくのもいいし、あるいは、思考の枠を広げることで、思いもかけないシンクロニシティ的なコラボレーションが生まれるかもしれません。いずれにせよ、いろいろな人たちとネットワークを作ってその中で掛け合わせていくことが必要です。そうしないとなかなか生き残れない時代になっていますからね。

井上 それも禅を経営に取り入れることのメリットですね。別に無理にこじつけて、禅は経営に直結する効果があると言いたいわけではないのですが、これだけ次の時代に向かっていろんなことが変わろうとして...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 島津清彦

    株式会社シマーズ 代表取締役

    元スターツピタットハウス代表取締役。元ソニー不動産取締役。 東日本大震災での被災を機に上場企業の社長というキャリアを捨て、2012年、経営コンサルタントとして独立起業。その後、多くの世界一流リーダーが禅に辿り着くことを知り、自らも出家得度し仏門入り。 経営者と禅僧という二つの顔をもちながら、現在は官公庁、大手企業を中心に禅を活かした経営・組織開発コンサルティングやリーダーシップ研修、講演、坐禅指導等を行う。 著書に『仕事に活きる禅の言葉(サンマーク出版)』『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅(天夢人)』がある。 一人一人が自分の夢や使命に気づき、充実したキャリアやライフを送れるようサポートすることが使命。座右の銘は一日一生。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。