TOP 禅の教えに学ぶ経営道+リーダー学 自分の持つ全ての機能を発現させよ。(3/5)

2018/03/27

1/1ページ

第3回

自分の持つ全ての機能を発現させよ。(3/5)

  • 経営
  • スペシャル対談
  • 株式会社シマーズ 代表取締役 島津清彦
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら >

 

 

「経営者を語る」――今回は、経営者と禅僧の2つの顔をお持ちの島津清彦氏(株式会社シマーズ代表取締役)をゲストにお迎えします。

今回の対談では、「禅で磨く〝経営者の心・技・体″」などのテーマで、弊社代表・井上和幸と語り合っていただきました。全5回でお届けします。

 

 

井上 以前、座禅をやっていた人の話を聞いたら、「社内外で受ける各種研修内容のエッセンスが、すでに禅の言葉の中にあったことに驚いた」と。これは興味深い感想だと思いました。一般のビジネスパーソンの研修とは違い、島津さんのように禅僧の方は、悟りの境地を一つの目標として修行されているわけですが、共通点みたいなものもあるんでしょうね。

 

島津 悟りへの道には二つの道があります。一つは先ほどお話しした「只管打坐(しかんたざ)」。これは曹洞宗の教えですが、言葉にできないことを感じ取るために、ただひたすら座禅をする。もう一つは、臨済宗の禅問答(公案)。例えば、「両手を叩くとパチンと音がする。ならば片手ではどんな音がするか?」(隻手の声)といった問いかけが有名ですね。この中に気づきがある。これって、まさにコーチングなんです。問いの立て方みたいなところが似ている。
こうした「只管打坐」と禅問答の両方を上手くパラレルでできると、より早く悟りに到達できます。ただし、禅が難解なのは、目的・目標を持ってはいけないところです。いけないというか、ただ座っていることが悟りの姿であって、「初回の座禅の、一番純粋な気持ちの状態が実は悟った姿だ」ということが答えだったりするのです。ただ、それもだんだん、両方受け入れるという発想からすると、腹落ちしていく。だから面白いんです。好奇心が次から次へと出てくる。

井上 好奇心というのは、どんなことでしょうか?

 

島津 例えば、以前、「人間は最終的に善なる生き物だ。それなのになんで戦争があるのか?」とか「貪欲にお金を稼ぐのは悪いことなのか?」とか「悟ってしまったら山に籠って座禅をするだけなのか?」などと、ふと思ったことがあったんです。それで調べてみたら、悟りの後のまた悟りという、「後悟の修行」というのがあって、修行がそこまで進んで気分は穏やかでニコニコになったけど、さあ、どう生きるのか? となったときには、現実を生きることになりますよね。俗世間の中で、より良い行動や言動、――これは宗教的には救済という言い方をするんですが――をしていくことになる。そう考えると、「なんだ、やっぱりビジネスという手段を使って禅を伝えるやり方はある。禅に関心を持...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 島津清彦

    株式会社シマーズ 代表取締役

    元スターツピタットハウス代表取締役。元ソニー不動産取締役。 東日本大震災での被災を機に上場企業の社長というキャリアを捨て、2012年、経営コンサルタントとして独立起業。その後、多くの世界一流リーダーが禅に辿り着くことを知り、自らも出家得度し仏門入り。 経営者と禅僧という二つの顔をもちながら、現在は官公庁、大手企業を中心に禅を活かした経営・組織開発コンサルティングやリーダーシップ研修、講演、坐禅指導等を行う。 著書に『仕事に活きる禅の言葉(サンマーク出版)』『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅(天夢人)』がある。 一人一人が自分の夢や使命に気づき、充実したキャリアやライフを送れるようサポートすることが使命。座右の銘は一日一生。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。